ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト路面電車[市電・都電]リサーチ

路面電車情報

日本国内における路面電車の歴史



明治時代半ばに京都で日本初の路面電車が運行されて以降、路面電車は様々な都市で開業され、瞬く間に全国的な広がりを見せていきました。そこから昭和不況、戦争、戦後復興から高度経済成長を経て、モータリゼーションの波を受ける昭和40年代まで隆盛を極めた、日本国内における路面電車の歴史を辿ります。

日本初の路面電車が京都で創業

日本初の路面電車が京都で創業

1890(明治23)年、東京の上野公園で開催された第3回内国勧業博覧会で、東京電燈株式会社がアメリカから購入した電車を一般に公開しました。会場内には1,372mmの軌道線およそ500mが敷かれ、人々を有料で試乗させたところ大評判となり、これがきっかけとなり各方面で電気鉄道の人気が高まり、東京でも敷設の申請が出されますが、政府の許可は下りませんでした。

一方、京都市では琵琶湖疏水を使った水力発電の活用策として、電気鉄道の建設が具体的に検討されていました。この計画が認可され、1895(明治28)年に京都電気鉄道伏見線(七条停車場前~伏見町京橋下油掛通間)としての運行が開始され、京都電気鉄道として日本で初めての路面電車の営業運転となりました。これは日本で初めての電気鉄道でもありましたが、その後、京都電気鉄道は京都市に買収され、京都市営電気鉄道となりました。

全国各地で相次いで開業

京都での成功が引き金となり、3年後の1898(明治31)年には名古屋電気鉄道が開業し、続いて東京でも東京馬車鉄道が1900(明治33)年に東京鉄道と改称し、馬車鉄道だった路線をすべて電化し、その後は紆余曲折を経て東京市電(のちの都電)となります。また、大阪では日本初の公営電気鉄道として、大阪市営電気鉄道が運行を開始しています。昭和に入ると路面電車は全盛期を迎え、鉄道ファンにとって名車と言われる車両も、この時期に数多く誕生しました。阪神国道線の「金魚鉢」、神戸市電の「ロマンスカー」など人気車両が続々と投入される時代でした。

戦災からの復興、そして斜陽の時代へ

その後、日中戦争が始まり、やがて太平洋戦争へと拡大していくなかで、ガソリン統制によるバス・タクシーの制限が行なわれ、路面電車は思わぬ活況に見舞われます。しかし、そうした状況も束の間、戦争による被災は甚大な被害をもたらし、車両の焼失から軌道破壊、架線被害など多岐にわたっていました。それでも公共交通の復旧は、戦災復興のシンボルとして好意的に捉えられ、引き上げや買い出しなど戦後の輸送需要増などもあって、少しずつ元気を取り戻すようになります。

ところが、世の中が安定し始めると道路には自動車が溢れ、路面電車の乗客数を減少させただけでなく、定時運行が困難になるなどの問題を引き起こしました。新車両の投入やワンマン化などで合理化を図りましたが、効果はあまり見られず、昭和40年代を中心に多くの路線が次々と廃線に追い込まれていきました。

見直される路面電車(LRTへ向けて)

昨今、多くの人が、自動車の普及こそが、都市の経済や環境に悪影響をもたらしていると考えるようになり、路面電車が見直され始めています。すでに欧米各都市では新しい都市計画とともに、LRTと呼ばれる新世代の路面電車が続々と導入され、拡大傾向にあります。また、日本でも富山ライトレールをはじめ、徐々にこうした新世代の路面電車の導入を検討する地域が実際に増えています。