ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車情報

路面電車が「チンチン電車」と
呼ばれていた理由



路面電車は親しみを込めて「チンチン電車」という愛称で呼ばれることがあります。ここでは、路面電車がチンチン電車と呼ばれるようになった理由について、2つの有力な説をもとに紹介します。

「運転士や車掌が合図で鳴らしていた鐘の音」説

「運転士や車掌が合図で鳴らしていた鐘の音」説

路面電車は本来は運転士と車掌の2人、つまり「ツーマン」での運行が通常でした。その当時に運転士から車掌へ、あるいは車掌から運転士への合図として使われていた鐘の音が「チンチン」と鳴ったから、ということがこの説の根拠となっています。

例えば、電車が動き出すときに車掌は「発車します」と声で告げたあと、車掌台に下がっている白く太い紐を引っ張って、運転台の上に取り付けたベルを「チンチン」と鳴らしていた、という話や、ベルを1回鳴らすと「停車」、2回鳴らすと「出発」などと決められていたという話もあります。

車掌と運転士のやり取りとして、細かいシチュエーションが設定されていたという話もあります。例えば、走行中に停車場近くで車掌がベルを1回鳴らすと「降りるお客さまがいるから停車していいか」の合図となり、これに対して運転士が同じくベルを1回鳴らすと「停車する」の合図になります。

車掌がベルを2回鳴らすと「降りるお客さまがいないから通過していいか」の合図となり、これに対して運転士がベルを2回鳴らすと「通過します」の合図になります。

さらに、停車中に車掌がベルを2回鳴らすと「お客さまの乗降が完了したので発車しても大丈夫か」の合図となり、これに対して運転士が同じく2回鳴らすと「出発する」の合図になります。

また、車掌がベルを「チンチンチンチン」と3回以上続けて連打した場合には、「即座に停車せよ」の合図で、同じく運転士が3回以上連打した場合は「緊急停車する」の合図になります。

「通行人に警報として鳴らすフットゴング(フートゴング)」説

もうひとつは「通行人及び車への警報説」です。車内の床下に取り付けられていた鐘を、運転室内のペダルを足で踏むことで鳴らし、軌道線内に入ってくる車両や人に警告をしていたと言うものです。京都市電が走り始めた頃は「先走り」と呼ばれる少年が電車の前を走り、「電車がきまっせえ、あぶのおまっせえ」と通行人に声をかけ、注意を促す告知人制度があったことは知られています(のちに廃止)。また、昭和40年代に自動車が増えた頃にも、軌道内に自動車が進入することは珍しくなかったため、事故防止の必要性を考えてこうした警笛がどの車両にも付いたことから、この説も十分な説得力を持っています。