ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト路面電車[市電・都電]リサーチ

路面電車情報

阪堺電気軌道



「阪堺電気軌道」通称、阪堺電軌は大阪馬車鉄道として開業して以来およそ110年の歴史を持つ、現存する中では日本最古の路面電車です。かつて大阪の繁栄の中心地だった大阪南部と堺市を結ぶこの路線は、現在、再開発事業に合わせて再び注目が集まっています。

阪堺電気軌道の歴史

阪堺電気軌道の歴史

阪堺電軌の路線は本来、上町線と阪堺線の2路線からなり、両社はそれぞれ別会社でした。まず1897(明治30)年に設立された大阪馬車鉄道が四天王寺門前~東天下茶屋の区間を運行したのが上町線の始まりで、やがて1902年には下住吉(現・住吉)まで開業し、現在に近い路線となりました。その後、電化改軌工事中に南海鉄道に合併され、1910(明治43)年には電車の運行を開始しています。

一方の阪堺線は、1910(明治43)年に設立された初代阪堺電気軌道が翌年に恵美須町~大小路を開業したのが始まりで、1912(大正元)年には浜寺と大浜海岸まで路線を延長しています。さらには1913(大正2)年に今度は姉妹会社の阪南電気軌道を合併し、のちの平野線を完成させました。南海鉄道と阪堺電軌は戦時中に一時合併するも、戦後まもなく分離して「南海電気鉄道の大阪軌道線」として再スタートを切ることになります。

大阪軌道線は戦後、南海本線や南海高野線とともに都市間ネットワークを形成する他、大浜の歓楽街、浜寺の海水浴客など行楽輸送でもかなりの賑わいを見せていました。しかし、昭和30年代に入ると乗客は減少し、合理化を迫られていきます。やがて南海電鉄は大阪軌道線を別会社化すると1980(昭和55)年に「阪堺電気軌道」を設立、平野線を廃止して現在の形式となりました。

路線の特徴

大阪市と堺市にまたがり、阪堺線(恵美須町~住吉~浜寺駅前間)14.1kmと上町線(天王寺駅前~住吉~住吉公園間)4.6kmの2路線に分かれ、両線は住吉で交差し、全線複線で新設軌道区間が多いのが特徴です。所要時間は阪堺線で恵美須町~浜寺駅前間で44分、上町線の天王寺駅前~住吉公園間で16分となっています。

また、毎年正月三が日は住吉大社への初詣のための特別輸送が実施され、上町線は日中約3分間隔、阪堺線は約7~8分間隔で運行されています。さらに、堺市は「自由都市・堺ルネサンス計画」を掲げ、その中でLRT路線の整備を重点施策のひとつとして位置付けています。こうした中で阪堺電気軌道の路線が再び大きな注目を集めることになっているのです。

車両の特徴

車両はすべて車長約14m、定員が70名から90名の大型車両が採用されています。2013年秋からは堺市の補助で導入された超低床型車両「堺トラム」の運行開始が予定されています。また個人の南海ファンによって、濃緑色一色の標準塗装に塗られた車両などレトロ車両の復刻もあり、多くの人気を集めています。