ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車情報

京福電鉄



日本の路面電車発祥の地にして、歴史・文化的な遺産が数多く残る京都の街をゆったり走る京福電鉄は、通称「らんでん(嵐電)」と呼ばれ、地域の人や観光でやってくる多くの人たちから親しまれています。

京福電鉄の歴史

京福電鉄の歴史

1910(明治43)年、嵐山電車軌道が四条大宮嵐山間に単線の軌道を敷設したことに始まり、1918(大正7)年に京都電燈が同社を合併しました。京都電燈は琵琶湖疏水によって、日本最初の水力発電を行なった企業であり、この合併ののち、市街地の拡大に合わせて北野線の建設や、太秦(うずまさ)の映画撮影所が開設されるようになりました。それを機に、輸送需要が大幅に拡大したことから、嵐山本線の複線化を進めるなど、昭和3年にはすでにほぼ現在の路線形態が完成していました。また嵐山軌道を合併する前に越前電気軌道も合併し、福井での鉄道事業に進出した他、1918(大正7)年には叡山平坦線(現・叡山電鉄)の開業や、1942(昭和17)年~1944(昭和19)年にかけては、京都の鞍馬電鉄と福井の三国芦原電鉄などを合併していきます。京都と福井を経営基盤にもっていたため社名を「京福」と名付け、ロゴは京都電燈のものを受け継いだ稲妻をモチーフにしたものです。戦後、現在は廃線となっている京都市電に、北野線の北野~白梅町を売却し、叡山平坦線を分社化した叡山電鉄に譲渡、さらには福井の鉄道部門からも撤退するなど縮小傾向にあり、現在は嵐山本線と北野線、比叡山のケーブル線のみとなっています。

路線の特徴

京都の西の玄関口とも言える四条大宮から太秦、嵯峨野、嵐山といった洛西地区の有名な観光地を結んでおり、沿線には広隆寺天龍寺仁和寺龍安寺など、全国的に名高い寺社が数多く存在しています。こうした環境から利用者の多くが観光客で「定期外客」の比率が70%にも達する一方、このエリアは古くからの住宅街も多く、通勤客が25%を占めるなど、生活路線としての顔も見られます。路線は四条大宮駅から嵐山駅を結ぶ嵐山本線と、本線から帷子の辻駅で分岐して北野白梅町駅に至る北野線で構成されています。停留場の数は20ヵ所で、歴史的な土地柄のため「蚕ノ社(かいこのやしろ)」「帷子ノ辻(かたびらのつじ)」「車折(くるまざき)」など、難読な駅名が多いことで知られています。

運行システム

運行は嵐山本線と北野線の2系統です。春のお花見シーズンと秋の紅葉シーズンのみ、休日の昼間帯に、北野白梅町~嵐山間の直通運転が行なわれることがあります。運行編成は原則として1両となっていますが、平日朝のラッシュ時や観光シーズンの際には2両連結が運航され、その際には後部車両にも乗務員が乗務し、運賃の収受などの業務を行ないます。近年ではラッピング電車や、車両を貸し切ってお化け屋敷のようにした「妖怪電車」を運行するなど集客PRにも力を入れる他、LRTの導入も検討されています。