ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト路面電車[市電・都電]リサーチ

路面電車情報

京阪電気鉄道



琵琶湖の南西に広がる滋賀県・大津市と京都市内を結ぶ京阪電気鉄道大津線は、古くから地元の人々に愛されてきました。また、このあたりは石山寺延暦寺園城寺など観光名所が多くなっています。

京阪電気鉄道(大津線)の歴史

京阪電気鉄道(大津線)の歴史

京阪電気鉄道大津線は「京津線」と「石山坂本線」の総称で、それぞれ京津線の前身である「京津電気軌道」と石山坂本線の前身である「大津電車軌道」の2つの路面電車を起源としています。京津電気軌道は1912(大正元)年、京都の三条大橋から札の辻間が開通したあと、1926(大正15)年 に京阪電気鉄道と合併し、浜大津まで路線を延長しました。

一方、大津電車軌道は旧国鉄東海道線の貨物支線だった大津(のちの浜大津)~馬場(現・膳所)間の線路敷を借用して、1913(大正2)年に浜大津~膳所(現・膳所本町)間が開業したのが始まりです。1927(昭和2)年には琵琶湖鉄道汽船として坂本まで路線が開通し、続く1929(昭和4)年に、両社を合併した京阪電気鉄道は琵琶湖の観光事業に力を注ぎました。そのため昭和9年には三条大橋から浜大津間で急行の運転を開始、さらには天満橋~浜大津間を直通運転できる、日本初の連接車「びわこ」号を導入しました。戦後は昭和32年に導入した260形を皮切りに、折り畳み式ステップを装備した80形など車両の近代化にも着手していきました。

大きな転機となったのが1997(平成9)年の京都市営地下鉄東西線の乗り入れであり、これに伴い、京津線の京都市内部分である京津三条御陵(みささぎ)間3.9kmを廃止し、電圧変更や地下鉄乗り入れ専用の800形4連など、輸送力の増強に取り組みました。

路線の特徴

京津線では「御陵」駅で京都市営地下鉄東西線と連絡し、「京都市役所前」駅までの直通運転を行なっています。また、京津線は東海道の旧道沿いに逢坂山越えを行なうため、61パーミルの急こう配や、最少半径が45mの急カーブなど、さながら山岳鉄道の様相を呈し、日本で唯一、地下鉄・登山電車・路面電車の3つの特徴を持っています。停留場の数は全部で27ヵ所あり、いずれも高床ホームとなっていますが、うちいくつかの駅ではスロープやエレベーターが取り付けられるなどの改良が進められています。

運行システムと車両の特性

京都市営地下鉄東西線・京津線直通の京都市役所前~四宮駅~浜大津駅間と、石山坂本線の石山寺駅~浜大津駅~坂本駅間との2つの路線に区分されています。全線でワンマン化されていますが車両に運賃箱はなく、駅の設備などで対応しています。また車両は、京津線では地下鉄乗り入れのため800形に限定されている他、4両編成で運行されるなど、外観はいわゆる路面電車に見えないのも特徴です。京阪電気鉄道は、我が国で最もLRTの定義に近い高水準の新交通システムです。また近年は乗降客減少に伴い、地域のNPO団体などにより「大津の京阪電車を愛する会」が発足され、沿線マップの作成やイベント電車の運行など話題作りに努めています。