ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車情報

札幌市交通局・軌道線



札幌市交通局の路面電車は、豪雪地帯である北海道ならではのユニークな取り組みを行なってきました。そして路線延伸の動きが加速する中、新しいまちづくりの一環として路面電車の活用が注目を集めています。

札幌市交通局・軌道線の歴史

札幌市交通局・軌道線の歴史

札幌の路面電車は1918(大正7)年に開催された「開道50周年記念北海道大博覧会」をきっかけとして、当時の馬車鉄道を札幌電気軌道が電化する形でスタートしたのち、市制の施行に伴い1927(昭和2)年に札幌市が買収、市営となりました。

戦後に入り、日本で唯一のディーゼル車を導入してコスト削減に努めた他、路線延長や輸送力増強の一環で連接車を大量導入するなど、独自に様々な取り組みを行なってきました。結果として1964(昭和39)年には、7系統、営業キロ25km、車両数142台、輸送人員1日27万9千人と、開業以来の最盛期を迎えることになりました。

しかしその後は客足が伸び悩み、札幌オリンピックの際の地下鉄整備に伴って廃止路線が相次ぎ、1974(昭和49)年の鉄北線廃止によって、現在残っている路線(8.5km)のみとなり、存続が危ぶまれていました。

ところが石油ショックや公害問題などにより見直され、存続が決まると、軌道や停留所の改修・車体の更新などが行なわれた他、北海道遺産への登録、さらにはLRT化の流れなど、再び路面電車の活用に向けた取り組みが活気付いています。

路線の特徴

現在の路線は、西4丁目中央図書館すすきの間で、市の南西部をほぼ環状に走っています。軌道は1,067mm、架線電圧はおよそ600Vで、車庫や工場、変電所、営業所はすべて電車事業所(電車車両センター)に集中しています。運転系統は西4丁目~すすきの間を基本に日中およそ6~7分ごとに運行されています。利用者の35%は西4丁目あるいはすすきので乗降しており、市営地下鉄のフィーダー輸送路線としての役割が色濃く反映されています。評定速度は夏季が時速12.1km、冬は積雪によって道路幅が狭くなる影響から時速11.6kmとなっています。

車両の特徴

汽笛に「トロンボーン笛」が採用されており、これは路面電車としてはかなり珍しいものです。2013年5月現在で車両数は10形式30両、さらにブルーム式除雪車が2形式4両の合計34両が運航しています。中でも2013年に運行開始されたA1200形は、「3車体連接車」「札幌市電初の冷房完備」など話題性の高い車両でした。また、愛称である「ポラリス」は北極星を意味しており、市民公募によって決められました。