ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車情報

広島電鉄



広島電鉄は戦後、原爆の災禍から見事に復興を成し遂げ、市民の暮らしを支えてきました。また「路面電車の博物館」と称されるバラエティ豊かな車両や多彩な取り組みを経て、近年では路面電車事業のリーダー的存在として期待が集まっています。ここでは、その歴史や特徴について紹介します。

広島電鉄 市内線・宮島線の歴史

広島電鉄 市内線・宮島線の歴史

広島電鉄の前身は広島電気軌道です。広島電気軌道は1910(明治43)年に設立され、1912(大正元)年に広島駅~相生橋、紙屋町~御幸橋、白島線など4線6.1kmを開業しました。

現在走っている路線の大半は大正に開業しており、1922(大正11)年から1931(昭和6)年にかけては宮島線の己斐広電宮島間16.1kmが順次開通していきます。1917(大正6)年には広島瓦斯と合併し「広島瓦斯電軌」と改称しました。

その後、広島乗合自動車を吸収するなど、市内の交通の一元化や、交通運輸部門の分離独立などを経て、1942(昭和17)年から社名が現在の「広島電鉄」となりました。

しかし、それから3年後の1945(昭和20)年、広島に原爆が投下され、これにより広島電鉄は、稼働できる電車がわずか2、3両になるという甚大な被害を受けました。3日後にはなんとか運転を再開したことが記録に残っていますが、白島線を除く全線が復旧したのは、1948(昭和23)年になってからでした。

昭和40年代に入ると乗客の減少などで廃止が検討されたこともありましたが、軽快電車の導入や車両の近代化、外国車両の使用など経営努力を行ない、現在では我が国でLRT(ライトレール)に最も近い交通システムのひとつとして評価されています。

路線の特徴

市内線(本線、宇品線、江波線、横川線、皆実線、白島線の総称)は全線複線で合計19.0kmの距離を走行しており、天満橋を除き全線併用軌道扱いとなっています。宮島線は普通鉄道で同じく全線複線、路線長は16.1kmあります。

表定速度は市内線が毎時10~13km程度とかなり遅いですが、これは所要時間のうち信号待ち時間が占める割合が33.5%に上ることによります。一方、鉄道線である宮島線の認可最高速度は毎時60kmと逆にこちらはかなり高速となっています。また停留場で車両IDプレートを読むことで自動的にポイント制御できるARCシステムが導入されているのも特徴と言えます。

車両の特徴

広島電鉄の車両はバラエティ豊富なことで知られ、京都や大阪、神戸などで活躍した旧市電車両から西鉄など他都市の私鉄車両、さらには最新の超低床電車まで、様々な年代の車両が走行している様子を見ることができます。またドイツのハノーバーやドルトムントから寄贈された海外製車両の他、イベント用に復元された車両や、三連接電車などが一堂に会する広島電鉄は、ファンの間では「路面電車の博物館」と呼ばれる程高い人気を集めてきました。