ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車情報

函館市企業局交通部「函館市電」



北海道最南端に位置し、津軽海峡を隔てて本州と向き合う函館市は、人口27万を超える北の玄関口です。東京より北のエリアで日本初の運行となった函館市交通局の路面電車は、函館の街でおよそ110年を超える長い歴史を誇り、「北海道遺産」にも登録されています。

函館市交通局の歴史

函館市交通局の歴史

函館の路面電車は1897(明治30)年に開業した亀函(きかん)馬車鉄道に始まり、同社を買収した函館水電が1913(大正2)年6月に電化、東雲町~湯の川間およそ5.8kmで路面電車の運行を開始しました。北海道初の路面電車であっただけでなく、東京より北で運行された初めての路面電車でもありました。その後、戦中の電力統制令に伴い、函館市がこの路面電車とバスの市内路線を買収しました。

1943(昭和18)年には函館市交通局が発足することになり、以後は市が運行を行なっており、戦後は路線延長が進み、1959(昭和34)年には湯川線延長によって路線の長さは17.9kmにも達しました。輸送人員もピーク時には4,934万人に上っていましたが、その後モータリゼーションの進展や基幹産業の衰退などにより乗客数は激減してしまいます。このため、1968(昭和43)年にワンマンカーの導入、1970(昭和45)年には2軸単車代替のため都電車両を購入し、効率化に努めました。それでも1973(昭和48)年には、運行時間短縮や系統の削減、さらに五駅線・ガス会社前~五稜郭駅前間1.7kmを廃止するなどの厳しい状況に追い込まれていきます。

乗客の減少は止められず、1992(平成4)年に東雲線・松風町宝来町間1.6kmが、翌年には通称ガス会社回り線と呼ばれた函館駅前~ガス会社前~五稜郭公園前間3.6kmが廃止されるなど、現在は最盛期の6割程に縮小されました。そして2011(平成21)年には、市の水道局との統合により「函館市企業局交通部」となっています。

路線の特徴

路線長は109kmで停留所は全部で26あり、全線複線で直流600V、最も急な勾配は青柳町谷地頭間で58.3パーミルとなっています。路線は以下の4つに分かれています。

  • 本線…函館どつく前~函館駅前間(2.9km)
  • 湯の川線…松風町~湯の川間(6.1km)
  • 宝来・谷地頭線…十字街~谷地頭間(1.4km)
  • 大森線…函館駅前~松風町間(0.5km)

車両の特徴

車両は2013年1月現在で39車両を所有しています。「函館ハイカラ號」という愛称もあるレトロな車体の車両をはじめ、函館市電初のVVVFインバータ制御カルダン駆動車の2000形、北海道の路面電車では初の冷房車「マリンブルー号」や愛称「らっくる号」として親しまれている超低床車両、函館港まつりで運行するイベント車両など、バラエティ豊富な車両が運行されています。