ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車情報

「万葉線」



富山西部に位置する高岡市は、県内第2の都市です。「万葉線」の名前の由来は、万葉集に多くの歌を残し、その編者であるという説もある大伴家持が、高岡市に国守として5年間を過ごしたことによります。市民自らが力を注ぎ、存続を図った稀有な路面電車・万葉線の歴史や今後について紹介します。

万葉線の歴史

万葉線の歴史

万葉線の前身である加越能鉄道万葉線は、第二次大戦後に開業した新しい路面電車です。1942(昭和17)年に、高岡市が伏木町と新湊町と合併した条件のひとつとして建設計画が進められ、富山地方鉄道が工事に着手しました。一度工事は中断しますが、戦後に入って再開され、1948(昭和23)年に地鉄高岡~伏木港間7.3kmが開通します。

この3年後、米島口~新湊(現・六渡寺)間3.6kmが開通し、富山から海沿いを延びる射水線と結ばれた地鉄高岡~富山市西町間の直通運転がスタートしました。大きな転換点となった1966(昭和41)年には、富山新港建設にあたって水路の確保が必要になったため、射水線が分断されることとなります。越ノ潟~新湊間4.9kmは加越能鉄道に譲渡され、「新湊港線」となりますが、これを機に乗客数が激減してしまいます。1971(昭和46)年には伏木線2.9kmが廃止され、他の路線も国の欠損補助対象となってしまいました。そこで、万葉線存続に向けた市民グループの活動が広がり、2000(平成12)年には、従来の行政依存ではなく市民参加による第三セクター設立によって、万葉線の存続を図ることが決定しました。

翌年の2001(平成13)年には、運営会社として「万葉線株式会社」が設立されると、その翌年からは万葉線高岡軌道線として新会社での運行が開始されました。運行時間の見直しや停留場の整備、バリアフリー化やイベント、お祭りを利用した利用促進に力を入れ、着実に利用者数を増やしていきました。今後はLRT化を視野に、まちづくりの起爆剤として期待されています。

路線の特徴

路線長は7.9kmで停留所は全部で18です。全線直流の600Vで、複線区間(広小路駅~米島口駅間)と専用軌道区間(米島口駅~能野町口駅間、中伏木駅~六渡寺駅間)があります。

車両の特徴

公募によって決定した「アイトラム」の愛称で知られる低床連接車はMLRV1000形です。2012(平成24)年には、この車両を特別にドラえもんのカラーに塗装した「ドラえもんトラム」がお目見えしました。これは高岡市が藤子・F・不二雄さんの出身地であることに加え、「ドラえもん」生誕まであと100年にあたる、2012年9月3日を記念して登場したものです。また、車体全体に猫の顔が描かれた「アニマル電車」などもあり、子どもたちの間で人気を博しています。