ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト路面電車[市電・都電]リサーチ

路面電車情報

福井鉄道「福武線」



福井鉄道・福武線は、江戸時代、福井藩68万石の城下町として栄えた福井市から、メガネの産地として有名な鯖江市を経て越前市までを結びます。全国でも有数の車社会と言われている福井では、欧米型のLRT化プロジェクトが進んでいることから、路面電車先進地域として注目されています。

福武線の歴史

福武線の歴史

1924(大正13)年、前身の福武電気鉄道が兵員輸送を目的とした兵営駅(現・神明駅)~武生新駅(現・越前武生駅)間を開通し、翌年には福井新駅までを開通させました。その後、戦時下の交通統合により、1945(昭和20)年には、福武電気鉄道と鯖浦電気鉄道が合併し、福井鉄道が誕生したと言う経緯があります。

1950(昭和25)年には、福井大震災に伴う復興事業に合わせて拡幅された国道8号線上に本町通~田原町間1.5kmが延長されました。さらに、既存の軌道区間も移設され、福井駅前へは、市役所前で分岐する現在の路線形態となりました。利用者数のピークだった1960年頃を境に客数は減少の傾向にあったものの、ワンマン化、CTC、ATS設置など合理化や近代化が図られてきました。

その後も、浅水駅をログハウス調に改築した他、西鯖江駅を公民館併設の建物に改築し、さらにはショッピングセンターや県立音楽堂のオープンに合わせて駅を開業するなど、利用促進策を積極的に展開しました。2001(平成13)年には、トランジットモール導入に向けた社会実験を行なった他、新設路線のLRT化や、国内初の3車体構造の車両を導入したことなどが奏功し、輸送量は増加傾向にあります。また将来的にえちぜん鉄道との相互乗り入れを進めていく予定であり、これにより福井市、鯖江市、越前市、坂井市、あわら市にまで至る一大交通ネットワークの形成を目指しています。

路線の特徴

路線長は21.4km(越前武生~田原町間20.9km、市役所前~福井駅前間0.5km)で、停留所は全部で25ヵ所あります。最高速度は鉄道線で毎時65km、軌道線で毎時40kmに設定されています。全列車ワンマン運行となっており、日中の時間帯は普通のみ20分間隔で運行し、急行列車が朝夕のみ越前武生駅~福井駅間で運行しています。

車両の特徴

2013(平成25)年5月に導入されたF1000形は、日本初の3車体3台車構造を持つ大型車両で、全長27m、定員155人を誇ります。オレンジ色の車体が特徴的で、愛称は「福井」と「トラム」を組み合わせた「FUKURAMU」で、街や夢がふくらむという願いが込められています。