ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト路面電車[市電・都電]リサーチ

路面電車情報

岡山電気軌道



岡山平野の中央に位置する岡山市は、中四国有数の都市にして温暖な気候と自然に恵まれた街で、江戸時代には池田藩31万石の城下町として栄えました。市民団体の活動が路面電車の活気を取り戻した地域として注目されている、岡山電気軌道の現状を紹介します。

岡山電気軌道の歴史

岡山電気軌道の歴史

岡山電気軌道は1910(明治43)年に創設され、最初に開通したのは岡山駅前城下~弓之町(のちの後楽園前)間です。中国地方の鉄軌道事業者の中で最も古く、かつ設立以来変わらず同じ名前を名乗り続けている歴史を持つ路面電車です。その後、路線は1921(大正10)年には七番町口(のちの番町)から東山大雲寺町へと順次延伸が行なわれ、戦後間もなく大雲寺~清輝橋間が開通されました。

昭和40年代以降、乗客の減少が見られたものの、架線のセンターポール化や設備の近代化、車体の最新化などにより1969(昭和44)年以降、一貫して黒字経営を続けています。さらに2002(平成14)年には、低床車「MOMO」の運行を開始し、それに合わせてバリアフリー化や運行状況を表示する電車ロケーションシステムを導入しました。こうした取り組みはやがて「第一回日本鉄道賞」において、「地方鉄道における活性化への貢献」部門受賞という成果につながります。

また2004(平成16)年には、木の質感を活かしたレトロ電車「KURO」を投入し人気を博しています。岡山ではこうした低床車導入に際して「RACDA(Rail&Road Transit System, Amenity and Community Design Association)」と呼ばれる市民団体が大きな役割を果たしました。また最近では、JR吉備線のLRT化構想とも合わせて、岡山駅~市役所~新京橋から城下の1km四方を新路線で結ぶ「環状化構想」など、今後のネットワーク拡大にも大きな期待が寄せられています。

路線の特徴

路線長は東山線3.1km(岡山駅前~東山間)と、柳川で分岐し清輝橋に至る清輝橋線1.6km(岡山駅前~清輝橋間)の合計4.7kmで、日本で最も路線延長が短い路面電車として知られています。全線複線の併用軌道で軌間が1,067mm、停留所は全部で16あり、架線電圧は全線直流の600Vです。

車両の特徴

和歌山貴志川線で人気の猫「たま駅長」がデザインされた「たま電車」や、東部鉄道を復元したレトロ電車などの他に、九州新幹線つばめのデザイナーで岡山出身の水戸岡鋭治さんが手掛けた「MOMO」や「KURO」など、ユニークで特徴的な車両が人気を集めています。また「MOMO de ビアガーデン」をはじめ、イベント列車の運行も多く、イベントによる貸切電車の募集を行なうなど、市民が集い、楽しむ場としても親しまれています。