ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車情報

土佐電気鉄道



四国中央南部に位置する高知市は、坂本龍馬を中心とした勤王の志士を輩出した地域でもあり、「よさこい祭」をはじめ、観光都市として名高い街でもあります。全線25.3kmに及ぶ、日本で運行している路面電車のうち、最も長い土佐電気鉄道について紹介します。

土佐電気鉄道の歴史

土佐電気鉄道の歴史

土佐電気鉄道は1903(明治36)年7月に創業され、乗出(現・グラウンド通)~堀詰間の本町線と梅の辻~桟橋間の潮江線が開業しました。1908(明治41)年には伊野、1911(明治44)年には後免へと開通し、特産の和紙などの輸送が電車で行なわれ、1928(昭和3)年には、高知駅前への路線開通によって、現在の路線が完成しました。

昭和40年代以降は、マイカーの普及などから利用者の減少が始まったものの、2000(平成12)年以降は、高知都市圏の都市政策に路面電車が明確に位置付けられたことにより大きな転換が図られます。

まず低床車「ハートラム」の導入によるバリアフリー化が行なわれました。そして、高知駅前から官庁街へ向かう際、はりまや橋で必要になる乗り換えが利便性の面で大きな障害となっていることが、2001(平成13)年から2度にわたって行なわれた運行実験によって証明されました。これにより、はりまや橋の右折西進軌道新設の布石が打たれました。

さらに、設備面での改良も進み、2003(平成15)年にはヨーロッパなどで見られる軌道部分を芝生敷きにする「軌道緑化」が実施されています。また、東部方面を中心に運行本数を増加した他、運賃割引「一日乗車券」や「パーク&ライド」など利用促進を目指した様々な割引運賃を設定しました。こうした数々の施策により、通勤定期利用者数は2000(平成12)年から増加に転じ、収支は改善傾向にあります。

路線の特徴

路線長は25.3kmで、伊野線が11.2kmで34駅、後免線が10.9kmで33駅、桟橋線3.2kmで11駅となっています。軌間は1,067mmで停留所は全部で78あり、架線電圧は全線直流の600Vです。ほぼ全線が複線区間ですが、一部伊野線鏡川橋~伊野館7.0kmが単線となっています。

車両の特徴

土佐電鉄は外国車両の導入が特に盛んで、ノルウェー・オスロ市電やオーストリア・グラーツ市電、ドイツ・シュツットガルト市電やポルトガルのリスボン市電など「世界の電車が走る街」として印象付けられています。2002(平成14)年より、3車体3台車の連接車の純国産超低床車を導入し、公募により愛称「ハートラム」と名付けられました。