ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト路面電車[市電・都電]リサーチ

路面電車情報

長崎電気軌道



100年近い歴史を持つ長崎電気軌道は、創業以来、開業した路線を廃止せず、さらに一度も社名を変更していません。平坦地が少なく、山の斜面に住宅が広がる長崎の環境が有利に働いたのか、長きにわたってワンコイン運賃を維持しながら、堅実な経営を続けてきた長崎電気軌道について紹介します。

長崎電気軌道の歴史

長崎電気軌道の歴史

長崎電気軌道は1914(大正3)年に創立され、翌年には病院下(現在の大学病院前付近)~築町間の3.7kmで運行が開始されました。路線は短期間で小刻みに延伸され、浜口町以南においては1921(大正10)年までに、ほぼ現在の路線が完成していました。1945(昭和20)年に、原子爆弾の投下により壊滅的な被害を受けたものの、戦後に入って市街地が北部へと拡大するのに伴い、少しずつ延長を繰り返し、1968(昭和43)年の思案橋正覚寺下間の延長によって、現在の路線網となりました。

その後は経営の合理化を図るとともに、日本初の車体広告電車の運行や、軽快電車導入による近代化、日本一安い運賃で知られる全区間100円均一(現在は120円均一)などによって、長きにわたって黒字経営を維持してきました。また近年は長崎県内のバス6社と長崎電気軌道の路面電車で共通して使えるICカード「長崎スマートカード」を導入した他、スマートフォンを使ったクレジット決済もできる「モバイル一日乗車券」や「モバイル長崎スマートカード」などの導入も進んでいます。さらに停留場のかさ上げと車両ステップの改良などによる定光寺の段差改善から歩道橋撤去に至るまで、快適に利用できる環境づくりに取り組んでいます。

路線の特徴

路線長は11.5kmで、本線6.9km(住吉~正覚寺下間)、赤迫支線0.4km(赤迫~住吉間)、大浦支線1.1km(築町~石橋間)、桜町支線0.9km(長崎駅前公会堂前間)、蛍茶屋支線2.2km(西浜町蛍茶屋)の計5線で運行されています。軌間1,435mmで架線電圧は全線直流の600V、全線ワンマン運行で、運賃100円均一制となっていましたが、2009(平成21)年に120円均一に値上げされました。

車両の特徴

九州電気軌道(のちの西鉄九州線)開業時に製造された、2013年8月現在、現役日本最古にして唯一の木造車でもある160形をはじめ、西鉄や京都・大阪の各市電、箱根登山鉄道や東京都電の車両なども活躍しています。また、日本初の車体広告車両を走らせた他、日本で初めて商業ビル内を運行するといった、ユニークな運行形態を他社に先駆けて取り入れてきました。近年では、超低床車でグッドデザイン賞を受けている3000形や最新の5000形など新車種も続々と投入しています。