ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車情報

熊本市交通局「熊本市電」



九州中部に位置する熊本市は、加藤清正が築城した熊本城を中心とした城下町として栄えました。そんな熊本市では、一時はすべての市電が廃止の危機に陥ったこともありましたが、現在は路面電車が活躍する都市のひとつへと飛躍しています。

熊本市交通局・熊本市電の歴史

熊本市交通局・熊本市電の歴史

熊本市交通局・熊本市電は1924(大正13)年、熊本市電車部によってその歴史に幕が開かれます。大正の三大事業と位置付けられた路面電車の導入は、まずは6.9kmの区間を開通させると戦後さらに路線を延伸し、最盛期を迎えた1963(昭和38)年には、路線長25.0km、1日平均乗客数11万6千人、車両総数90両にもなりました。

1960(昭和35)年に入ると、自動車交通の増加などに伴う乗客数の減少により経営が悪化してしまいます。同年の川尻線の廃止に始まり、1972(昭和47)年には路線長が12.1kmと半分以下になり、一時は廃線直前にまで陥ります。

しかし1979(昭和54)年、石油ショックなどの影響で自動車の燃料代が高騰した結果存続が決定し、これを機に路面電車の活性化が図られ、2車体連接車や日本初の冷房車、VVVFインバータ電車、超低床車などが続々と導入されていきました。また、それと同時に各種設備の近代化、プリペイドカードやエコ定期券の発行といった利用者が使いやすい環境づくりにも注力しており、その結果利用者数の増加につながっていきます。近年では、熊本駅前祇園橋間のセンターポール化や樹脂固定軌道の導入など、LRT化に向けた設備の高規格化も進められています。

路線の特徴

路線長は12.2kmで、幹線が10駅3.3km(熊本駅前~水道町間)、水前寺線7駅2.4km(水道町~水前寺公園間)、健軍線9駅3.0km(水前寺公園~健軍町間)、上熊本線10駅2.9km(辛島町上熊本駅前間)、田崎線3駅0.6km(熊本駅前~田崎橋)の計5路線2系統で運行されています。軌間は全線1,435mmで、架線電圧は直流の600V、全線ワンマン運行です。

車両の特徴

1982(昭和57)年に導入された8200形は、日本初のVVVFインバータ制御車として、1997(平成9)年に運行を開始した9700形は日本初の超低床路面電車として、それぞれ注目を集めました。

その他にも1978(昭和53)年には、日本初の冷房装置付車両の運用を開始し、さらには振動と騒音を少なくするために軌道を樹脂で固定する「インファンド工法」も日本で最初に採用するなど、熊本市電が全国に先駆けた車両を導入した実績は少なくありません。