ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車情報

鹿児島市交通局



江戸時代、島津家が築いた城の城下町として栄え、西郷隆盛らを生んだ幕末の鹿児島市は古くから大陸貿易の窓口であり商都でもありました。車両や設備を積極的に改良したことで経営を再建した、鹿児島市交通局の路面電車を紹介します。

鹿児島市電の歴史

鹿児島市電の歴史

鹿児島市電は、1912(大正元)年に運行を開始しており、当初は民間の鹿児島電気軌道による経便鉄道として、市街地南端の武之橋から谷山に至る6.4kmでスタートしています。その後、市内へ軌道法で路線を伸ばし、1920(大正9)年までには、ほぼ現在の路線の基礎が完成していました。

そして1928(昭和3)年、鹿児島市電気局に営業が引き継がれて、市営交通となりました。また、戦後は1961(昭和36)年に伊敷線が延長され、路線長が19.4kmまで拡大し、ピークを迎えます。その後は自動車の普及などに伴い利用客は減少し、第1次財政再建団体として指定を受けるに至り、1985(昭和60)年伊敷線と上町線を廃止することとなりました。

しかしこれを機に、車両や設備の改良が積極的に行なわれるようになります。まず1986(昭和61)年に、ボギー車両すべての冷房設置が行なわれると、1987(昭和62)年には新しい運行情報システムが導入されました。さらには1988(昭和63)年から1992(平成4)年にかけて、架線柱のセンターポール化と軌道の改良、停留場のスロープ設置など、設備面での改良が矢継ぎ早に進められていきます。

こうしたサービス面での向上や九州新幹線の開業なども手伝って、2003年度には乗客数が年間1,000万人を回復するなど、国内でも有数の健全経営を誇る路面電車となったのでした。

路線の特徴

路線長は13.1kmで、第一期線が11駅3.0km(武之橋~鹿児島駅前間)、第二期線4駅0.9km(高見馬場鹿児島中央駅前間)、谷山線14駅6.4km(武之橋~谷山間)、唐湊線10駅2.8km(鹿児島中央駅前~郡元間)の計4路線2系統で運行されています。軌間は全線1,435mmで、架線電圧は直流の600Vです。

車両の特徴

我が国初の国産100%の提唱者として話題を集めた1000形は、「ユートラム」という愛称で親しまれています。また、ヨーロッパの車両のような流線型スタイルの低床車7000形「ユートラムⅡ」や「鹿児島スタイル」とまで言われた600形も人気があります。さらには運行開始から100周年を記念して導入された観光レトロ電車「かごでん」や「おはら祭り」に花電車として使用される20形など、個性的でバラエティ豊富な車両が揃っています。