ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車情報

江ノ島電鉄



関東大震災の被災と東日本大震災による計画停電、2度にわたって大きな震災を体験しつつも、江ノ電こと江ノ島電鉄は常に走り続けてきました。現在も多くのファンを持つ人気の高い路線ですが、そんな江ノ電について紹介します。

江ノ島電鉄の黎明期

江ノ島電鉄の黎明期

「江ノ電」の愛称で知られる江ノ島電鉄は、歴史的には軌道線としてスタートしました。現在もなお、一部区間で併用軌道を走る区間が残されていることから、路面電車とされることが多いのですが、厳密に言えば路面電車ではなく鉄道線に分類されます。

1902(明治35)年、江ノ島電気鉄道が藤沢~片瀬(現・江ノ島)間で運行を開始したのがその歴史の始まりです。それから翌年に片瀬行合(現・七里ヶ浜)、追場(現・稲村ケ崎付近)、1904(明治37)年に迎山と相次いで延伸すると、日露戦争を挟んで1907(明治40)年に大町(現・鎌倉駅付近)に続き、小町(現・鎌倉)までが開通しました。その後、一旦横浜電気に統合されるとさらに東京電燈に買収され、1921(大正10)年から東京電燈江ノ島線となりました。

関東大震災と戦災を潜り抜けてきた昭和初期

1923(大正12)年に発生した関東大震災で、江ノ島電鉄は甚大な被害を受け、運転不能の危機に陥ります。ここからなんとか全線復旧させるも、大打撃を受けた東京電燈は鉄道部門を売却し、1928(昭和3)年に江ノ島電気鉄道として独立しました。1938(昭和13)年には東京横浜電鉄(現・東京急行電鉄)傘下に入ると、戦時下の1944(昭和19)年軌道線から鉄道線となったのでした。

戦後は再び分離・独立し、小田急電鉄傘下の江ノ島鎌倉観光と改称しました。ところがピークを迎えた1952(昭和27)年を境に、輸送量は減少に転じます。懸命なる企業努力の末に昭和30年代に入ると再び輸送量が上昇し、それ以後も維持されてきました。

江ノ島電鉄への改称と経営の合理化

昭和40年代に入るとモータリゼーションの波は江ノ島にも訪れます。これに対抗すべく江ノ島電鉄では駅構内に名店街を開店し、江ノ電ビルの竣工や百貨店の開業をはじめとしたターミナル整備を進めます。さらに車両の改造にも着手し、パンタグラフの更新や連結車の投入、4両編成車の運行など近代化や合理化を図っていきました。昭和50年代になってもこうした動きは引き続き行なわれ、江ノ島電鉄への改称に始まり、鎌倉駅舎の改装や境川橋梁の架け替え、2000形連接車やレトロ調車両の導入に至るまで、様々な合理化が図られつつ、今日に至っています。東日本大震災後の計画停電の際は、鉄道会社として唯一、振り替え輸送を実施しました。