ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト路面電車[市電・都電]リサーチ

路面電車情報

苦難の中で、路線拡大を続けた
神戸市交通局



港町である神戸は早くから電車の計画はあったものの、実際に運行されるまでには長い時間がかかりました。そこから一気に拡大した路線は、時代の波を受け一気に廃線へと突き進みます。激動の時代を駆け抜けた神戸市交通局の歴史を紹介します。

神戸市交通局の黎明期

神戸市交通局の黎明期

明治元年の開港以来、神戸の町は国際港として発展し、外国人も数多く居留していたにもかかわらず、交通網は非常に脆弱でした。このため、電車の登場は1902(明治35)年、民間の有志による神戸電気鉄道の設立まで待たなければなりませんでした。さらにそこから8年の歳月を経た1910(明治43)年になって、ようやく兵庫駅前~春日野間の開通にこぎつけました。満を持して開通した路面電車の評判は上々で、路面電車が道路や周囲の街並みを整備する契機にもなり、街の風景は大きく変わりました。大正に入ると、神戸電気鉄道はすぐ電気事業に乗り出し、神戸電燈と合併して「神戸電気」と改称します。しかし、そこから思うように延伸が進まず、未整備路線が放置されている状態に、神戸市がしびれを切らしました。こうして「市営論」が浮上すると、1917(大正6)年にようやく市と神戸電鉄との交渉が成立し、同年8月より神戸市営電車として再スタートすることとなりました。

不況に水害に戦災と、困難を潜り抜けた黄金期

電気局を発足させた神戸市は運賃改正や未整備だった路線建設に取りかかり、1919(大正8)年の熊内線の開通を皮切りに、1927(昭和2)年までに多数の路線を新設し、ようやく全通させます。この時点で路線長は全部で30.3kmに達していました。またこの時期、日本で初めて鋼鉄製の「スチールカー」が投入されました。ちょうどこの頃から、昭和不況の影響が少しずつ出始め、乗客数は減少傾向に向かったと同時期に、1937(昭和12)年に勃発した日中戦争が太平洋戦争へと拡大します。さらに、大規模な水害にも見舞われるなど、不幸な状況が相次いで起こります。やがて戦局の影響でガソリン不足に陥り、市電にとっては大きな需要を生み出すことになりますが、港湾施設があった神戸は大規模な空襲を受け、交通局と名称の変わった神戸市電も甚大な被害を受けることになりました。

モータリゼーションの波を受け、一気に廃線へ

戦後は焼け野原からのスタートとなります。線路や架線の修復が急いで進められると、翌年には疎開先から戻る人たちが市電に殺到し、輸送量が急増していきます。また、戦前に放置されていた石屋川線の開通は、復興を象徴するものとして多くの市民から祝福されました。1954(昭和29)年には、アメリカの会社によって開発された「PCCカー」がデビューを果たし、新時代の到来を感じさせました。

しかし、モータリゼーションの影響を受け、次第に乗客数が下降に転じるようになります。それに伴う財政赤字の増大、さらに地下鉄計画の推進と多くの都市で見られた光景が神戸でも展開されます。結局、続々と路線の廃止が実行され、1971(昭和46)年に最後まで残った三宮~板宿間の廃止をもって、神戸市電の歴史は静かに幕を閉じました。