ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト路面電車[市電・都電]リサーチ

路面電車情報

悲運の名鉄岐阜市内線



戦後、車社会への移行が加速していく中、特に路面電車への風当たりが強かった背景を持つ岐阜市の交通事情も含め、名鉄岐阜市内線は廃線に追い込まれていきました。ここでは、そんな名鉄岐阜市内線の歴史を振り返ります。

美濃電気軌道として幕を開けた黎明期

美濃電気軌道として幕を開けた黎明期

名鉄岐阜市内線の歴史は1911(明治44)年、前身である美濃電気軌道が岐阜駅前~今小町間1.4kmと神田町~上有知間の24.9kmを開通させたことから始まります。さらにその年のうちに、上有知が街の中心部への移設・延伸を行ない、今小町~本町間1kmを開業させると、翌年には本町~長良橋間1.1km、長良橋~長良北町間0.9kmが立て続けに開通します。

市内では10分に1本、市外でも1時間ごとに運行され、車両は40人乗りの4輪電動客車が12両も導入されました。この間も路線拡大は続き、現在の名古屋本線にあたる笠松~広江間と広江~新岐阜間を開通、さらに長良経便鉄道(長良北町~高富間5.1km)を吸収合併していきます。

名古屋鉄道としての再スタート

一方で、美濃電気鉄道はバス事業への出遅れや、昭和初期の不況などが重なり、経営は必ずしも順風満帆という訳ではありませんでした。そしてついに1930(昭和5)年に、名古屋鉄道に正式に組み込まれ「名鉄岐阜市内線」として運行されることになります。また、85両の電動客車と26両の貨車、64.9kmにも及ぶ長大な路線、そして544名の社員も、そのまま名古屋鉄道へと受け継がれました。

車優先の社会意識、そして廃線へ

昭和5年から昭和10年の間、一時期社名が「名古屋鉄道」から「名岐鉄道」に変更されていますが、これは美濃電気軌道側の「岐阜の地名を社名の中になんとか残しておきたい」という要望によるものでした。戦後、空襲により工場が被災し多数の車両を失ってしまうものの、比較的早く立ち直ると、路線の改良や駅舎の移設、ダイヤ改正などを積極的に行ない、立て直しを図ります。

しかし、昭和30年代に入るとモータリゼーションの影響を大きく受けることになります。特に岐阜では車優先の意識が強く、本来は道路交通法で禁止されている、軌道内への車の進入が認められていたり、停留場の多くに安全地帯が設置されていなかったりと、路面電車にとっては逆風の環境にありました。こうした動きを受け、1960(昭和35)年に高富線、1964(昭和39)年に鏡島線が相次いで廃止されると、1988(昭和63)年についに岐阜市内線の一部(徹明町~長良北町間)が廃止されてしまいます。さらに、2003(平成15)年には路面電車交通社会実験が行なわれ、その結果を受けたかたちで名鉄はすべての路線の撤退を表明し、2005年には岐阜駅前~忠節間が廃止されたことで、正式に全線廃止となりました。