ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車情報

惜しまれながら引退した名鉄岡崎市内線



市民自らが設立を計画した馬車鉄道から始まった歴史は、その後、合併された名鉄本体による支線合理化の波を受ける形で、幕を閉じることになります。廃止には地元住民の反対も多く、市民から愛される路線であった岡崎市内線の足跡を辿ります。

岡崎馬車鉄道から岡崎電気軌道として始まったの黎明期

岡崎馬車鉄道から岡崎電気軌道として始まったの黎明期

1888(明治21)年には、旧国鉄の岡崎駅が開業しましたが、市街中心部からおよそ4kmも離れていて不便だったことから、駅と町を結ぶ馬車鉄道の計画が市民から持ち上がります。1899(明治32)年には岡崎馬車鉄道として、岡崎駅前~明大寺(のちの東岡崎駅前)間が開業したのが始まりとなり、1907(明治40)年には、明大寺~康生町間の延長がなされると、電化計画が進められるようになります。1911(明治44)年に岡崎電気軌道と改称され、翌年から運行が開始されました。この際に軌間が762mmから1,067mmに変更されています。

名古屋鉄道への合併「岡崎市内線」としての再スタート

その後しばらくは、特に大きな変化はなく、駅と城下町を結ぶ路面電車として活躍していました。路線網拡大へと大きく舵を切ったのは、1922(大正11)年の複線化がきっかけでした。

まず、翌年の1923(大正12)年に康生町~井田間が、次いで1924(大正13)年に岡崎井田~大樹寺~門立(もだち)間が相次いで開業されました。そして1927(昭和2)年には、同じく路線網拡大を進めていた三河鉄道との合併に踏み切ります。1929(昭和4)年になると、上挙母(うわごろも)~三河岩協間が開業し、さらに10年以上経った1941(昭和16)年に、三河鉄道は名古屋鉄道と合併し、岡崎駅前~岡崎井田間は「名古屋鉄道岡崎市内線」となりました。戦中は空襲によって車庫が被災し、多くの車両を失ってしまいますが、戦後間もなく名古屋市電から車両を譲り受けるなどして、復活を果たします。

バスとの競合、経営合理化などにより廃止へ

順風満帆に見えた岡崎市内線でしたが、名鉄では支線の合理化と廃止を急いで進めていました。こうした流れを受け、1962(昭和37)年には岡崎駅前~大樹寺間が廃止されると、同年には岡崎市内線に接続していた福岡線が、続いて挙母線も1973(昭和48)年3月に正式に廃止され、旧岡崎電気軌道が設置した鉄道はすべて廃止されました。これらの路線を受け継ぐかたちで、鉄道路線はそのままバス路線に置き換えられていきます。軌道が敷かれている国道248号線の混雑が激しくなったことと、それにより道路が傷んできていたことが、廃止の理由でした。岡崎市内線は、モータリゼーションと合理化の波に飲まれたかたちで、幕を閉じることとなりました。