ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト路面電車[市電・都電]リサーチ

路面電車情報

交通網の礎となった名鉄美濃町線



名鉄の前身のひとつである美濃電気軌道は、岐阜の有志によって誕生しました。その後、名古屋鉄道との合併などにより、名古屋~岐阜を結ぶ交通網として発展していきましたが、その経緯から廃線に至る歴史を紹介します。

美濃電気軌道として幕を開けた黎明期

美濃電気軌道として幕を開けた黎明期

名鉄美濃町線は、前身の美濃電気軌道が1911(明治44)年に、岐阜市内の神田町(のちの岐阜柳ヶ瀬)~関市の上有知(のちの美濃町)間の24.9kmを開通させたことから、その歴史をスタートさせます。開通時には祝賀アーチが作られるなど、多くの市民が開業を祝いました。その後は駅舎の市街中心部への移設や改称、新区間の設置などを繰り返し、路線の拡大を図りました。しかし、美濃電気軌道はバス事業への出遅れや、昭和初期の不況などが重なり、1930(昭和5)年に名古屋鉄道に正式に組み込まれ、「名鉄美濃町線」として「岐阜市内線」「揖斐線」「谷汲線」とともに運行されることになります。

駅舎の改称や新線の開通など合理化が進められる

こうして名鉄美濃町線としては、まず1950(昭和25)年に、岐阜柳ケ瀬~梅林間を廃止し、新たに徹明町~梅林間を設置すると、その2年後には同区間の複線化を実施します。それから岩田坂駅の開業や、新美濃町駅を美濃町駅、金薗町駅を金薗町4丁目駅、薬大前駅を金薗町7丁目駅へとそれぞれ改称したのち、1970(昭和45)年には田神線の開通により、新岐阜駅に美濃町線が乗り入れることになりました。またその結果、新岐阜駅~美濃町間で、急行の運行を合わせて開始しています。

乗客の減少を止められず廃線へ

こうしたテコ入れは、昭和30年代に入って顕著になりつつあったモータリゼーションによる大幅な乗客減少への対抗策であり、事業合理化のひとつでもありました。しかし、岐阜市は昔からクルマ優先の考え方をする市民が多く、路面電車への風当たりの強い地域だったこともあり、様々な努力にもかかわらず、乗客数は減少の一途を辿ります。1975(昭和50)年には早くも急行の運行を廃止し、続いて1983(昭和58)年には新関~美濃間のワンマン化を実施することになります。

その後も1999(平成11)年には、長良川鉄道との競合を避けるという理由から新関~美濃町間が廃止されると、新たに新関~関間が開業され、さらに同年には新岐阜~新関間のワンマン化に着手していきます。しかし、こうした努力もむなしく、2005(平成17)年には徹明町~関間が廃止され、美濃町線は全廃されてしまいました。