ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト路面電車[市電・都電]リサーチ

路面電車情報

南海電鉄「平野線」「大浜支線」



南海電鉄の軌道線は、複雑な経緯を持つ黎明期から天王寺、阿倍野、住吉、堺という大阪南部の主要都市を結んで走ってきました。ここでは廃止となった大浜支線と平野線の歴史について紹介します。

大浜支線の黎明期

大浜支線の黎明期

大浜支線の歴史はのちに南海電鉄に一度合併され、再び分離独立する阪堺電気軌道阪堺線の支線としてスタートします。初代・阪堺電気軌道は1903(明治36)年に開かれた内国博覧会の会場だった堺水族館へのアクセス手段をはじめ、リゾート開発などの目的から1912(明治45)年に開通されたのが大浜支線でした。大浜支線はまず4月に宿院~水族館前間を開業すると、続けて8月に水族館前~大浜海岸間を開通させ、大浜支線を全通させています。

平野線の黎明期

一方、平野線の歴史は1913(大正2)年にスタートし、まず前身の阪南電気軌道が今池~平野間に軌道を敷設する免許を取得し、工事にかかると間もなく阪堺電気軌道と合併し、工事は阪堺電気軌道が引き継ぎます。そして翌年、今池~平野間(5.9km)を開通させ、阪堺電気軌道平野線となり阪堺電気軌道としての営業体制は整いました。

南海電気鉄道としての戦後

旅客を争ってデッドヒートを繰り広げてきたライバル南海鉄道と、1915(大正4)年に対等合併を実現したあと、阪堺電気軌道の路線は南海鉄道の軌道部門として位置付けられることになりました。その後は一部区間が大阪市へ移管された他、戦時統制により一時期、近畿日本鉄道となるも、終戦から2年後の1947(昭和22)年から、新たに南海電気鉄道として再出発を図ることになりました。しかし、大浜支線は堺水族館の閉鎖や戦時における空襲で壊滅的な被害を受け、1949(昭和24)年に休止となってしまいます。平野線についても1951(昭和26)年に、大阪市営地下鉄の第1号線が昭和町まで延伸されると、次いで谷町線も1971(昭和46)年には天王寺八尾南への延伸を図り、これらの交通整備に押されるかたちで、乗客減が目立ち始めます。

2線の廃止により残った軌道線は分社化

こうした中、昭和30年代に入るとモータリゼーションが急速に進展し、バスや自家用車が増大するようになります。すると客足は急速に減少し、さらに道路渋滞を引き起こすとして、路面電車への風当たりは強くなっていきます。大浜支線は休止したままだったものの、平野線はそれでも健闘を見せ、大阪市南部の主要都市を結ぶ足としての役割を担い続けていました。しかし、1980(昭和55)年には、ついに平野線が廃止されると同時に、休止されていた大浜支線も廃止されます。残った軌道線は2代目となる阪堺電気軌道として現在も走り続けています。