ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト路面電車[市電・都電]リサーチ

路面電車情報

阪神電気鉄道「国道線」「北大阪線」



阪神間の国道建設と同時に持ち上がった軌道路線の建設に名乗りを上げた阪神電気鉄道は、名物電車「金魚鉢」が人気を博していました。他社との競争はもちろん、自社鉄道との競合の末に、廃線となった阪神電鉄国道線と北大阪線の軌跡を辿ります。

阪神電気鉄道国道線の黎明期

かつては「国道線」と呼ばれた阪神電鉄の路線が大阪と神戸の間(阪神間)を走っており、敷設したのは前身の阪神国道電軌。大正時代末以降、交通量が急増していく中で、阪神間には十分な国道整備が行なわれていませんでした。これに対応するため1919(大正8)年にようやく新阪神国道(現・国道2号)線の建設計画が持ち上がると、その旅客輸送手段のひとつとして路面電車が検討されます。

これに慌てたのが、当時阪神間の交通を独占していた阪神電鉄です。競合が出現する前に手を打とうと、1920(大正9)年に新国道上の軌道建設を出願したのでした。こうして子会社の阪神国道電軌を設立し、1927(昭和2)年には野田阪神電車前(のちの野田)~神戸東口(のちの東神戸)間が開通。しかし野田、東神戸の両ターミナル駅が都心からのアクセスが不便だったり、沿道の人口が十分ではなかったりすることもあって、不振を極めていました。

道路の新設と同時に進められた北大阪線の敷設

北大阪線は本来、北大阪電気軌道が計画していた路線でした。しかし発起人の多くは阪神電鉄の役員で、事実上子会社となっていたこともあり、工事の着手前に吸収合併。1914(大正3)年に野田~天神橋筋6丁目間で阪神電鉄北大阪線として開通します。

この路線の建設にあたっては、当時まだ道路整備がなされていなかったこともあり、軌道を通すための幹線道路を造りながら建設。その後、1933(昭和8)年には神戸市内の併用軌道を地下線へと切り替えることになったため、事実上は高速鉄道となり、阪神国道線の支線として組み込まれました。

名物電車「金魚鉢」が人気を博すも、客足が伸びず廃止に

阪神電鉄国道線と言えば、流線型で側面には大きな窓が並ぶ「金魚鉢」という愛称で知られる名物車両があります。オールドファンたちの間で現在でも人気の高いこの車両をはじめ、戦後も古い車両が阪神国道上を走り続けてきましたが、昭和30年代のモータリゼーションの進展で客足は減少していきました。

特に阪神国道上を走る国道線は、競合する国鉄線(現・JR)や阪急電鉄、阪神本線がスピードアップを図ったのに対し、交通の邪魔者として扱われるようになってしまいます。1969(昭和44)年に国道線の西灘~東神戸間が廃止されると、1975(昭和50)年には国道線と北大阪線は甲子園線とともに廃止され、全廃となりました。