ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト路面電車[市電・都電]リサーチ

路面電車情報

日本最北端の路面電車だった旭川電気軌道



旭川電気軌道は日本最北端の路面電車として雪深い大地を走りながら、屯田兵による開拓の時代とそこから続く北海道の近代化を静かに見つめてきました。

旭川電気軌道の歴史

旭川電気軌道の歴史

旭川電気軌道は1926(大正15)年の1月に設立されると、その年の10月に旭川四条二十一丁目(のちの旭川追分)で起工式を挙げました。そして翌年にまずは東旭川村の十号までの部分開通を実現すると、さらにひと月後には終点・東川までを開通させ、東川線を全通させました。これが北海道に初めて誕生した「農村鉄道」となり、それまで旭川~東川村まで所要時間4時間のところをわずか40分で結ぶようになりました。

以後も順調に延伸工事を進め、10月には旭川四条~函館本線旭川駅間の貨物連絡船も開業、2年後の1929(昭和4)年には東旭川村に至る支線の「東旭川線」も東旭川市街(のちの二丁目)までを部分開業させ、翌年についに終点の旭山公園まで開通して全線開通となりました。

時代を同じくして、その後ターミナルとなる旭川四条停留場が四条十八丁目に移転されると、本社も同時に移されることになりました。なお、同年に開業し「市街電車」と呼ばれるようになっていた旭川市街軌道と区別するために、旭川電気軌道を「郊外電車」と呼ぶようになりました。

路線・車両について

東旭川線(旭川四条~東川間)の13.8kmと旭川線(旭川追分~旭山公園間)の6.7kmの2路線が運行されていました。軌間は1067mmで直流600V、もし現在も運行していたとすると、日本最北端を走る路面電車となるはずでした。

しかし1949(昭和24)年3月の早朝、車庫の風呂場から出火した火が瞬く間に燃え広がると、車庫にあった車両5両すべてが焼失するという事件が発生します。かろうじて東川にあったために火災を免れた1両を全力で稼働させて対応しますが、一時は廃線も検討される事態になってしまいました。しかし、これを機に旭川電気軌道は「ボギー車」の導入に踏み切るなど、改良のきっかけともなった出来事でした。

廃線への道程

昭和30年代に入ると北海道の北部にもモータリゼーションの波が押し寄せます。すでに昭和20年代の後半にはバス路線への転換を進め、1956(昭和31)年に旭川市街軌道は廃線となります。一方、旭川軌道ではバス部門の拡大を図りつつ郊外電車の運行を続けてきました。それでも貨物の減少が著しくなってくると同時に旅客数も伸び悩み、1972(昭和47)年にはついに、バス部門に特化することが決定され、軌道部門の廃止が決まります。最後の列車が運行されたのは同年12月31日の大晦日で、旭川四条ではささやかなお別れの式典が開催されました。運転士と車掌に花束が贈呈されると、45年にわたる歴史の幕をそっと閉じたのでした。