ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト路面電車[市電・都電]リサーチ

路面電車情報

秋田市民の足・秋田市電



秋田馬車鉄道から始まった歴史は、秋田軌道、秋田電気軌道に秋田電車とその名を変え、最終的に秋田市交通局に移管されていきます。戦後の復興から廃線へ至る時代の変化と合わせて、秋田市電の歴史を振り返ります。

秋田市電の歴史

秋田市電の歴史

1889(明治22)年に開通した秋田馬車鉄道は当時、北前船の寄港地として栄えていた土崎港と秋田の市街を結び、物資の交流を担っていました。その後、秋田軌道と改称するとさらに1920(大正9)年に動力を馬車から電気に転換、社名も「秋田電気軌道」に変更しました。そして、秋田の街に電車が初めて走ったのは1922(大正11)年1月のことであり、区間は秋田(のちの新大工町)~土崎で、途中3つの停留場が設けられていました。昭和に入ってまもなく経営者の交代に合わせて社名を秋田電車と改めると、そのタイミングで東北最大規模と言われた遊園地を沿線に設置し、秋田駅前から新大工町に至る路線の着工にかかります。

しかし、この路線は様々な事情から廃止・撤去されることになってしまいます。第二次世界大戦が始まった1941(昭和16)年に、秋田電気軌道はついに秋田市へと路線や設備を譲渡します。そして秋田市は交通課を新設、譲り受けた車両や設備を市営事業として発足させることになりました。

路線・車両について

秋田市内線(秋田駅前~土崎間)の7.3kmと新大工町線(表鉄砲町~新大工町間)の0.4kmの2路線が運行されていました。軌間は1,067mmで直流600Vの単線式でした。

戦時中に秋田市に統合され、戦後の復興が始まると、秋田市制60周年を記念してようやく開発が進み始めます。まず1950(昭和25)年、電車の発着駅が秋田駅前と決定、一度施設して撤去された秋田駅前~県庁前間を復元し、秋田駅前~土崎への直通電車が走ることになります。また老朽化した車両がボギー車に一新され、新設された路線は「秋田市内線」表鉄砲町~新大工町間は「新大工町線」として新たなスタートを切りました。結果、ピーク時には1日平均の乗降客数が1万人を超え、5両編成の車両が投入されるなどかなりの賑わいを見せたのでした。

廃線への道程

昭和30年代に入ると秋田の街にもモータリゼーションの波が押し寄せます。すでに昭和20年代後半にはバスとの激しい競争にさらされてきた結果、1959(昭和34)年にまず新大工町線が廃線となります。秋田市交通局は運賃改定や新車両の投入などで対抗しますが大勢を変えるまでには至らず、ついに交通局は廃止の決定を下します。1965(昭和40)年12月31日、大晦日のこの日はまるで廃止を惜しむかのように、朝から猛吹雪が吹き荒れる中「市民の皆さまさようなら」というモールを付けた電車が、普段と変わらぬ様子で走り続けていました。そしてついに、最終電車が車庫へと姿を消したところで、秋田市電の歴史にピリオドが打たれたのでした。