ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車情報

東北地方最大の市電・仙台市電



後発だった仙台の路面電車は、戦時にもかかわらず着実に路線を伸ばしますが、やがて時代の変化とともに衰退していきます。ここでは、惜しまれつつ姿を消した仙台市電の歴史を紹介します。

仙台市交通局の黎明期

仙台市交通局の黎明期

仙台の街で初めて路面電車の運行が開始されたのは1926(大正15)年のことで、日本の大都市の中ではかなり遅い方でした。第一期計画は仙台駅前から大町一丁目(のちの大町西公園前)間の2.1kmと東五番丁~荒町間の1.2kmで、そこから急激に路線延長が進められ、翌年には大町一丁目~大学病院前間、仙台駅前から光善寺通間、光善寺通間~県庁前間といったかたちで、続々と延伸されていきました。さらに翌年の1928(昭和3)年には県庁前~大学病院前間が開通し、これでようやく循環線が完成しました。

戦時中も急ピッチで進む延伸工事

1930(昭和5)年、仙台市の電気部電車課が水道事業と合体することになり、電気水道事業局電車事業所に名を改めると、第二期計画路線の工事に着手します。戦争特需といった要素に加え、戦時中も北仙台線北四番丁~北仙台駅前間全通など路線網を伸ばしていった結果、1945(昭和20)年、終戦とともに交通課が交通部に昇格します。この頃、戦後の復旧とも重なって、急ピッチで工事が進められると、戦前からの懸案だった原の町線の一部が開通しました。1948(昭和23)年にようやく全通させると、仙台市電として初めてボギー車もデビューさせるなど、設備面等での拡充も図られていきました。

時代の変化とともに主役の座を明け渡すことに

昭和30年代を過ぎて40年代に入ると、仙台の街にも自動車の時代が到来します。路面電車が渋滞を引き起こす原因とされると、1958(昭和33)年に仙台市電は赤字に転落してしまいます。均一料金の値上げやワンマンカーの導入による合理化などが進められましたが、情勢が好転することはありませんでした。

そしてついに1969(昭和44)年、北仙台線の運行が廃止されてしまいました。その後、残された路線で健闘したものの、1976(昭和51)年3月31日を最後に、仙台の街から路面電車が姿を消しました。

廃止直前の3月25日からは、美しく花が飾られた何両もの花電車が「長い間のご利用ありがとうございました」とのメッセージを掲げて走り、市民との別れを惜しんでいました。そしてついに最後の日、大勢の市民が集まる中、盛大なお別れ式が仙台市役所前で行なわれ、仙台市電はその50年の歴史に幕を閉じました。それから11年後の1987(昭和62)年、路面電車に代わる新しい足として、仙台に地下鉄が走り始めたのでした。