ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車情報

雨宮敬次郎氏が興した福島電気鉄道



日本の鉄道王が興した信達軌道を前身に持つ福島電鉄は、その黎明期から廃線に至るまで、激動に次ぐ激動の歴史を辿りました。

福島交通の歴史

福島交通の歴史

福島交通の前身となった会社のうち、最も古い歴史を持つのが信達軌道です。初代の社長は甲州財閥のひとりで、全国に8社もの鉄道会社を持っていた雨宮敬次郎氏でした。信達軌道は1908(明治41)年4月、福島駅前~長岡間及び長岡~湯野村間で運行を開始しました。

初めは軌間が762mmの軽便鉄道で、小さなタンク機関車が2両の客車を牽引していました。同じ年には長岡~保原間を開通させ、直後に東京に本社がある大日本軌道の福島支社となりました。その後も路線の拡大は続き、1910(明治43)年6月には保原~掛田間が、また1915(大正4)年12月には掛田~川俣間がそれぞれ開通するに至ります。それから2年後、再び社名を新達軌道と改めると、この路線はのちに「飯坂東線」と総称されるようになりました。

その後、軌間1,067mmの電化路線として生まれ変わり、社名も「福島電気鉄道」と改めます。1925(大正14)年のことでした。その翌年には早くも伊達~保原間の運行を開始し、続いて保原~掛田間、保原~梁川間と矢継ぎ早に延伸を繰り返していき、これが電車運転の始まりとなりました。

福島飯坂電気との合併

当時、福島と飯坂温泉を結ぶルートを地元の人々が望んでいた背景があり、その建設準備として飯坂軌道という会社が設立されます。設立後、社名をすぐに福島飯坂電気軌道と改め、軌間を1,067mmに変更するなど電化開業計画を推し進めていき、ついに1927(昭和2)年、福島~飯坂温泉までの路線を開通させました。一方、新達軌道は採算が取れないことを理由に保原~桑折間と掛田~川俣間の路線を廃止していました。両社は競合を避けるため、福島飯坂電気鉄道が福島電鉄に吸収合併されることになり、福島飯坂電軌の線は「飯坂線(のちの飯坂西線)」として区別されます。その後この飯坂線は1942(昭和17)年に旧国鉄福島駅への乗り入れを実現すると、1945(昭和20)年地方鉄道法に則り、軌道から鉄道へと転換されました。

廃線への道程

戦争被害の少なかった福島でしたが終戦後の買い出し客で電車は混雑を極めており、対処するために従業員の増員や施設の拡充、増資などが頻繁に行なわれていました。この傾向は1950年代半ばを過ぎても続き、1957(昭和32)年の記録によれば電車保有数は32両、社員は1,000名を突破していました。

しかし、すでにその多くはバス部門の拡大によるもので、社名もその時期に福島交通とし、「電鉄」の名を外していました。そして、1960年代後半になると軌道部門はいよいよ行き詰まるようになります。1967(昭和42)年に聖光学園前~湯野町間が廃止されると、1971(昭和46)年には残りの区間がすべて一斉に廃止され、福島電鉄の軌道線は姿を消すこととなるのでした。