ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト路面電車[市電・都電]リサーチ

路面電車情報

大洗町を観光地にした立役者「水浜電車」



水戸の豪商・竹内権兵衛氏の思いから始まった水浜電車は、彼の思惑通り多くの観光客で賑わう人気路線でした。寒村にすぎなかった大洗町を一躍観光地へと変えた栄光の歴史を振り返ります。

茨城交通の黎明期「水浜電車」

茨城交通の黎明期「水浜電車」

茨城交通の前身は水浜(すいひん)電車という社名からも察せられるように、水戸と磯浜を結ぶ鉄道として構想されたことがきっかけとなって誕生しました。設立したのは水戸の豪商として知られた竹内権兵衛氏で、1920(大正9)年4月に、まずは水戸海浜電気軌道という会社の設立を申請します。そして翌年の1921(大正10)年、名前を水浜電車に改めた上で正式に設立されたのでした。

設立後すぐに工事に取り掛かると、翌年には早くも水戸の浜田(のちの浜田車庫前)~磯浜間を開通させます。開通当初の車両数は電動客車が10両、貨車が2両でしたが、路線は順調に拡大を続け、轟町(のちの東棚町)~浜田間、南町~轟町間、南町~泉町(のちの大工町)間と1923(大正12)年から1925(大正14)年の間に矢継ぎ早に開通させます。また、昭和に入ってからも磯浜から祝町、さらには海門橋、湊へ、大工町方面も大工町から谷中、袴塚へと着実に延伸していきました。こうして設立からわずか10年の間に、当初計画していた路線網を完成させたのでした。

バスとの競合を経て戦後復興による全盛期へ

水浜電車の開通は水戸へのアクセスを大幅に良くすると同時に、大洗海岸への海水浴客を飛躍的に増加させる要因となりました。偕楽園への観梅客や修学旅行生などもこの水浜電車を利用し、連日大賑わいとなりました。

ところが時代は突如として不況期に突入、さらに本橋自動車商会という個人経営のバスが、水戸駅前から磯浜まで走るようになったことから、両社は激しく競合することとなりました。結局この関係は水浜電車が本橋自動車を買収することで決着しますが、不況期の電車部門の苦境を自動車部門が支えるかたちとなっていました。

やがて日中戦争から第二次大戦へと時代が推移していく中で、ガソリンやタイヤなどは統制対象となると、今度は自動車部門が苦境に陥り、電車部門の収益で補うことになります。そうした経緯を経て、1944(昭和19)年、水浜電車は湊鉄道と茨城鉄道を合併させて「茨城交通」を発足させました。新しい体制で動き始めた会社は戦災によって大きなダメージを受けたものの、市民の要望もあり、いち早く復旧に努めた結果、終戦から1ヵ月半で全線復旧を果たしました。それからは着実に業績を上げ、1950(昭和25)年には400万人を突破するまでになっていました。

廃線への道程

昭和30年代に入ると事態が一変してバスの躍進が始まり、茨城交通でもバス路線の拡充を重視するようになっていきます。大洗町への観光ニーズはあったものの、乗客はピーク時の半分以下となる125万人と大きく落ち込み、昭和40年代に入ると25万人にまで激減していました。茨城交通は水戸市内の軌道廃止を決定、1966(昭和41)年5月31日をもって廃止となりました。最終日には役員と運転士に花束が贈呈され、市民にも無料謝恩チケットが配布されるなど、最後の花道を飾りました。