ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト路面電車[市電・都電]リサーチ

路面電車情報

市民の足として長く親しまれた
山梨電気鉄道



馬車から軽便、そして路面電車と様々に形態を変えながらも、甲府市民の足として親しまれてきた山梨鉄道の歴史を振り返ります。

山梨交通の黎明期「山梨電気鉄道」

山梨交通の黎明期「山梨電気鉄道」

山梨電気鉄道が電車の運行を開始したのは1930(昭和5)年のことですが、そのルーツを辿るとなると、さらに32年前の1898(明治31)年4月に開業した山梨馬車鉄道まで遡らなければなりません。

当初の山梨電気鉄道は、軌間わずか666mmという小さな馬車鉄道で、走行区間は甲府~石和まででした。その後、先に開業していた鰍沢馬車鉄道を合併し、彼らが開通させていた鰍沢~花輪間を譲り受ける形で、甲府~鰍沢間を全通させることになります。

しかし折り悪く鉄道作業局中央東線が甲府に開業し、経営に大きな打撃を受けることとなります。そこで会社は解散し、鉄道王として知られる雨宮敬次郎氏らに会社を譲渡、雨宮らはその会社をさらに山梨軽便鉄道として作り直します。そこから15年経って、ようやくこの鉄道を電車にしようという動きが起こり始めます。1923(大正12)年に設立された甲府軌道と合併することにした山梨軽便鉄道は、新たに「甲府電車軌道」として再出発、これを機に馬車鉄道を廃止して電車運転を志すのでした。

富士見延鉄道との競合と電力会社への売却

電化工事が始まったのが1930(昭和5)年、それから3年でまず甲府~大井間が開通します。この間、1929(昭和4)年に社名を「山梨電気鉄道」と改め、路線も貢川(くがわ)~荊沢(ばらざわ)間、さらに荊沢~追分間と延伸していきます。現在のJR身延線の前身である富士身延鉄道も、すでに富士駅から甲府までを電化開業させており、両社は激しく競合することとなります。所要時間では富士身延鉄道に軍配が上がるものの運行間隔が長いため、その点では山梨電気鉄道のほうが有利でした。しかし経営は苦しく、結局は1938(昭和13)年、峡西電力に会社を売却し「峡西電軌鉄道」として再出発することになるのでした。

戦後ようやく花開いた矢先に迎えた廃線

峡西電軌鉄道となった時代は、急速に戦争へと向かっていました。国策により交通事業の統合が進められていく中、県下のバス会社や自動車会社の統合が行なわれていきます。1943(昭和18)年までにほとんどの会社が「山梨開発協会」という組織にまとめられると、唯一の軌道会社だった峡西電軌鉄道も合流し、1945(昭和20)年「山梨交通」が誕生します。

戦後の猛烈なインフレによる運賃の高騰などの混乱を乗り切った山梨交通会社線は、市民に愛される鉄道として、なくてはならない存在になっていました。ところが、昭和の30年代に入ると日を追うごとに乗客は減少します。線路付け替えや車両のビューゲル化(電車の集電装置のひとつ)を推進するなどの打開策を試みますが成果は見られず、山梨交通の軌道線はその歴史に終止符が打たれることになりました。1962(昭和37)年6月30日のことでした。