ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車情報

上田丸子電鉄西丸子線



地元の有志によって設立され、温泉客の誘致を目的につくられた上田丸子電鉄西丸子線は、上田電鉄とその競合だった丸子鉄道との合併によって誕生しました。

上田丸子電鉄の黎明期

上田丸子電鉄西丸子線の前身である上田温泉電気軌道は、1919(大正8)年に地元有志が発起人となって設立されます。当時、信州・川西地方では比較的道路が発達していたのに対し、輸送機関が脆弱で不便だったという背景が、上田温泉電気軌道設立のきっかけでした。これを解消すると同時に、この地方に数多く存在する温泉への旅客を誘致したいという思いから計画されたのです。

こうして設立された上田温泉電気軌道は特許を受けたところで、翌年すぐに正式な社名を上田温泉電軌と改め、スタートを切りました。上田電軌は西丸子線にあたる路線以外の青木線三好町~青木間や、神田(のちの上田原)から分岐して別所温泉へと至る川西線を先に開通させていきます。

西武鉄道の誕生と高速鉄道との競合

1926(大正15)年に、依田窪線下之郷~西丸子間(8.6km)が開通します。これは上田丸子電鉄西丸子線のもうひとつの前身である丸子鉄道と競合するため、上田市中心部と丸子町中心部とを結ぶ路線として計画されたものでした。

その後1939(昭和14)年に軌道線から地方鉄道へと変更されると、社名も上田電鉄へと変更され「西丸子線」と改称されます。

さらに1943(昭和18)年には、競合である丸子鉄道との合併により「上田丸子電鉄」となり、併せて「上田丸子電鉄丸子線」として再出発することになりました。

バス路線への転換と撤退

しかし、西丸子線は車両や設備の近代化において、大きく遅れを取ります。例えば青木線で使われていた木造四輪単車が使用され、ボギー車両の導入やパンタグラフ化もままならないままの状態が続くばかりか車両の老朽化が進み、それが原因となる事故も起きました。さらに、補修に対しての予算をまともに組むことさえなく、1960年代に入っても木造車両のままで走り続けており、大雨などの場合は運休となってしまうような状況にありました。

そして1961(昭和36)年6月の豪雨被害により、二ツ木トンネルと依田川鉄橋が破損してしまうなど、全線に大規模な被害が出ました。これをきっかけに西丸子線は休止し、2年後の1963(昭和38)年には全線が廃止され、バス路線へと転換。いずれはこれらの路線を松本まで延長させたいという構想を持っていましたが、実現されることなく撤退する結果になってしまいました。