ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト路面電車[市電・都電]リサーチ

路面電車情報

伊豆箱根鉄道軌道線



電力会社が経営する鉄道会社「伊豆箱根鉄道軌道線(駿豆電気鉄道)」は市民から「いずっぱこ」と呼ばれるなど、市民の足として大変親しまれてきました。水害が廃線の引き金となった伊豆箱根鉄道軌道線の辿った数奇な運命を追います。

伊豆箱根鉄道軌道線の黎明期「駿豆(すんず)電気鉄道」

伊豆箱根鉄道軌道線の黎明期「駿豆(すんず)電気鉄道」

1896(明治29)年仁田大八郎氏と小柳津五郎氏を発起人として駿豆電気が設立され、美島町(現・三島市)に本社を置いて配電事業を開始し、これが県内初の電力会社となりました。軌道の特許は1903(明治36)年から段階的に下りていき、1904(明治37)年には社名を駿豆電気鉄道に改称、翌年の1905(明治38)年ついに三島六反田(現・三島広小路)~沼津駅前間全線の特許を得ると、1906(明治39)年に六反田~沼津停車場前間5.9kmが開業し、静岡県で初の電車となりました。

次いで第2期線として三島町内の線路を計画、1908(明治41)年には六反田~三島町間0.8kmを開業し、1912(明治45)年、伊豆鉄道を合併すると三島六反田~三島町間の軌道を廃止します。その背景には、伊豆鉄道が持っていた鉄道路線と軌道が並走する無駄を解消する目的がありました。さらに鉄道線の三島~三島町間の電化が完成したことから、軌道線から乗り入れる形で三島町駅への乗り入れが再開されることになりました。大正時代は三島~沼津間を行き来する人のほとんどが利用する言わば独占状況となりました。昭和になってバスも開業したころ、利用者は減少しますが、それでも東京製麻工場へ通勤する女子行員のための増結が行なわれたこともあります。また、早朝発の東海道本線に連絡するために早朝4時24分発の電車を運行させるなど、様々な企業努力により利用者数は安定的に維持されてきました。

戦時体制への対応と戦後への備え

戦時体制に入るとモーターを保護するため速度減が実施されます。また1942(昭和17)年のダイヤ改正では三島広小路の始発が繰り下げられ、三島広小路から三島町間の乗り入れも休止となり、運転間隔も13分へと延びました。さらに定員を増やすためにと座席の撤去が始まると、やがてすべての座席が除かれました。最終列車の時刻も1944(昭和19)年から終戦後までは沼津駅前19時42分と大幅に繰り上がり、戦争に駆り出された男性に替わって女性の運転士が乗務しました。空襲では1両が被災しています。

水害が契機となった廃線

戦後は買い出しの客で賑わうなど復興への活気で、数本見送らなければ乗れないような状況が続いていました。しかし廃線への道は意外なところからもたらされます。1961(昭和36)年6月28日、集中豪雨により黄瀬川の橋梁が流れてしまいます。電車は三島広小路~国立病院前間の折り返し運転となり、それより西へはバスが代行することになりました。そして国立病院前~沼津駅前間は再び運行することなく、残りの区間も1963(昭和38)年2月4日限りで廃線となりました。最終日は開業時を思わせる、オープンデッキの改造された車両が「花電車」として運行されていました。