ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト路面電車[市電・都電]リサーチ

路面電車情報

静岡鉄道静岡市内線



静岡市内線は本来、「静鉄」の愛称で親しまれた静岡鉄道のうち、清水線と旧国鉄を結ぶ短距離路線でした。御用邸前を走る姿など、地元の鉄道ファンにも愛された静岡市内線の軌跡を辿ります。

前身である静岡電気鉄道の黎明期

前身である静岡電気鉄道の黎明期

静岡鉄道静岡市内線の歴史は、1922(大正11)年、前身の静岡電気鉄道清水線の鷹匠町駅(現・新静岡駅)と旧国鉄東海道線の静岡駅との間の0.6kmを連絡するために開通したことから始まります。その後、1925(大正14)年には鷹匠町~中町間が、翌年には呉服町~安西間が開業し、順調に延伸を続けていきます。そして1929(昭和4)年には、中町~呉服町間が開業して、路線長2.0km全線が開通します。軌間は1,067mm、600Vの架空電車線方式で運行されました。運行形態は清水線の港橋~安西間の直通路線と、静岡駅前~鷹匠間とに分けられていました。

静岡鉄道市内線としての新たな門出

当時、安西は県下各地で生産された荒茶を再製する産業が盛んな町でした。また、現在の静岡市役所が建っている付近に御用邸があり、その東側を通過する鷹匠町~県庁前間の軌道は、天皇が宿泊されていることを考慮し、防音対策として路面電車ではほとんど見られない、旧国鉄幹線並みの50キロレールという重軌条を使用していました。1943(昭和18)年には、静岡電気鉄道は藤相鉄道と中遠鉄道との戦時合併により、静岡鉄道として新たなスタートを切ります。戦後間もない1945(昭和20)年12月には、清水線が地方鉄道法によって鉄道と変更され、軌道線の静岡市内線と分離されました。

ファンから贈られた花を飾って運行した最終営業日

静岡空襲による戦災で大半の車両を失った静岡鉄道は、車両工場も合わせて被災し、修理もままならない状況が続くと、翌年3月から呉服町~安西間を運休します。同年12月には運行系統が再整理され、清水線を完全分離する形で、静岡駅前~呉服町間での運行を開始します。

そして1949(昭和24)年になると、ようやく呉服町~安西間が再開されましたが、そこからわずか13年、1962(昭和37)年9月に全線が廃止されます。モータリゼーション化の時代の波を受けて、乗客がバスへ移ってしまったこと、また交通渋滞の元凶として、路面電車への世間の風当たりが強くなったことなどが廃止の背景にありました。最後の営業日には、地元の鉄道ファンが静岡鉄道に贈るために、ポケットマネーを出し合って買った鉢植えの花が、当日の車両内を飾りました。