ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト路面電車[市電・都電]リサーチ

路面電車情報

静岡鉄道秋葉線



お茶をはじめとした地域の産業輸送を担う馬車鉄道として始まり、地震による被害で大きなダメージを受けた秋葉線の歴史は、静岡という地域の特性から多大な影響を受けてきました。「石松電車」として親しまれた秋葉線の発展から廃止までの歴史を辿ります。

馬車鉄道として幕を開けた黎明期

馬車鉄道として幕を開けた黎明期

静岡電気鉄道の前身である秋葉馬車鉄道は1902(明治35)年、沿線から採れる茶やシイタケ、木炭、果物などの輸送を目的に、東海道線の袋井駅と「遠州森の石松」で知られる森町を結ぶ秋葉街道に開通しました。森町は全国的な古着市場で、そこから北へおよそ20kmに位置する秋葉は、防火の神として知られる秋葉神社がある町として知られていました。1911(明治44)年には、徳川家康ゆかりの可睡斎への参詣客輸送を目的として、可睡口~可睡間(1.1km)を開業します。その後1923(大正12)年には静岡電気鉄道と合併し、1926(大正15)年には全線を電化させました。

静岡鉄道としての再スタートと震災による運休

電化後は30分から1時間の間隔で運行され、祭礼の日には臨時電車なども運行されました。また、戦時中の1943(昭和18)年には戦時統制によって、藤相鉄道、中遠鉄道、静岡乗合自動車、静岡交通の計5社と合併し「静岡鉄道」となります。これによって、旧秋葉馬車鉄道だった路線は静岡鉄道の一路線となりました。しかし翌年1944(昭和19)年に発生した東南海地震では大きな被害を受けてしまいます。可睡口~可睡間は震災被害からの復旧が行なわれないまま、1945年1月に運休することになりました。これ以降、運行が再開されることはありませんでした。

モータリゼーションの影響を受け全線廃止へ

戦後は食糧買い出しなどで、屋根にまで人が乗る程に、大混雑することがありました。しかし、バスの台頭などモータリゼーションの影響により、徐々に利用者は減少し、それに伴い運行本数も見直されるようになりました。1955(昭和30)年には1日25往復あった本数が、廃止直前には1日15往復にまで削減され、1960(昭和35)年時点での利用者数は年間およそ181万人と、1日あたりわずか4,975人まで減少してしまいました。

1962(昭和37)年には、「石松電車がんばる!茶畠の中を走って60年」と題して雑誌に取り上げられましたが、それから半年も経たない同年9月に全線の廃止が決まりました。路線はそのまま秋葉バスサービスに引き継がれ、車両は幼稚園や個人に引き取られ、休憩所や倉庫として再利用されました。