ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車情報

富山地方鉄道射水線



富山地方鉄道射水線が廃止に至った最大の原因は、モータリゼーションの波を受けてのものでも、不採算路線の整理などでもありませんでした。この土地の新しい港の建設に伴う路線の分断という独自の背景があったのです。ここでは、その経緯について紹介します。

富山地方鉄道射水線の黎明期

富山地方鉄道射水線の黎明期

富山地方鉄道射水線は1924(大正13)年、富山北口~四方間6.08kmを皮切りに、1926(大正15)年、聯隊橋(現・新富山)~富山北口間と、四方~打出浜間を相次いで開業させました。その後は地方鉄道補助法による助成を得るために、社名を越中電気軌道から越中鉄道に変更し、地方鉄道法による鉄道となりました。1933(昭和8)年になると、聯隊橋~新伏木口(のちの新湊、現・加越能鉄道六渡寺)間19.9kmが全通します。その後、新湊町の庄川・小矢部川河口付近に水力発電を利用した工場が立ち並び、八ヶ山公園の開園などもあって利用者は増えたものの、戦時下の統合政策も関係して、富山地方鉄道と合併することになりました。

地鉄高岡~西町までの直通運行の開始

戦後の1948(昭和23)年になると、地鉄高岡(のちの新高岡)~伏木港間が、1951(昭和26)年には米島口~新湊間が続けて開業し、この頃から地鉄高岡~新湊~新富山~西町間の直通運転が開始されます。この直通運行後しばらくは続けられたものの、1961(昭和36)年になると、新富山~西町間の富山市内線の乗り入れが廃止されます。

高度経済成長期に差し掛かると、富山市と新湊市の市境にあたる海岸に、富山新港が建設されるのに伴い、射水線は堀岡~越ノ潟間で東西に分断される形となりました。それを受けて1966(昭和41)年には、越ノ潟~新湊間は加越能鉄道に譲渡され、新設された新港東口駅が終着駅となったため、射水線は新富山~新港東口間となりました。

分断によって離れた客足を戻すことはできず廃止へ

分断によって乗り換えが必要になったことや、荒天の際には渡船が欠航になるなど、大きな不便が生じたことで客足は遠のいていき、最盛期と比べて半減してしまいました。

そうした中、1977(昭和52)年には市内線直通が再開されたものの、本数も少なく連結運転もできなかったことから、住民の期待に十分応えることはできませんでした。市内直通運転は富山地方鉄道射水線を復活させることができないまま、最終的には1980(昭和55)年4月1日をもって廃止となりました。

廃止後は新富山~八ヶ山間の廃線跡が路線バス専用道路となります。四方から新港東口間の廃線跡はその大半が自転車専用道路へと変化し、富山北口周辺は宅地整備が進められました。