ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車情報

呉市交通局



戦艦大和の母港として知られる軍港の町・呉市は良くも悪くも海軍の動向にその盛衰を左右される運命にありました。軍の要衝としての発展から戦後の軍解体による人口減まで、その歴史を辿ります。

呉市交通局の黎明期

呉市交通局の黎明期

戦艦大和が造られた軍港として有名な呉市に路面電車が敷設されたのは、明治維新後に海軍の基地になったことで人口が急増したことがきっかけでした。また、官鉄呉線の開通により、これと接続して市内交通を整備する必要もありました。1909(明治42)年には、本通9丁目~西本通6丁目間が開業され、ここに中国地方で2番目となる電車が誕生します。ユニークだったのは、当時の呉電気鉄道は右側通行で運行されていたことでした。その後は延伸や新線開通が順調に進められ、今西通3丁目~呉駅間、西本通6丁目~川原石間などが相次いで開業していきます。

合併と買収を繰り返し芸南電気軌道として再出発

続いて、呉市内から近郊の阿賀を結ぶ新線の計画が持ち上がります。広島水力電気と合併し、1911(明治44)年に広島呉電力となり、その後、同じ電力会社の広島電燈と合併して広島電気と改称しました。時代を同じくして空前の軽便鉄道ブームのさなか、芸南電気軌道という会社が本通9丁目~呉越間に併用軌道を建設・開業します。そこで広島電気は、芸南電気軌道の軌道線を買収するかたちで合併し、芸南電気軌道の名称を引き継いで、再スタートを切りました。その際に並行していた本通9丁目~朝日町間は廃止され、相互に直通運転が開始されるなど、2社の路線が1本になりました。

海軍の盛衰に左右された呉市電の最期

昭和に入り、満州事変から日中戦争を経て、太平洋戦争と戦火が拡大していく中で、呉市の海軍基地が拡張され、市内の人口は増加の一途を辿ります。この頃、海軍からの要請で以前から唱えられていた市営化が、具体的に動き始めます。

戦火が拡大していく中、海軍の要請も日増しに強いものになり、市長が直々に乗り出したこともあって、芸南電気軌道は1942(昭和17)年、呉市に電車とバスの事業を譲渡すると同時に、市に新設された交通局に社員ともども移管しました。

ところが、戦況の悪化とともに経営も悪化し、1943(昭和18)年には西本通6丁目~川原石間と今西通3丁目~呉駅間が休止に追い込まれます。終戦後、大きな戦災を被った呉市は復興の遅れを取り戻すべく、1955(昭和30)年以降、無騒音電車やワンマンカーをいち早く投入します。しかし、最大の乗客数であった海軍の解体による人口減とバスの発達により、最盛期のおよそ6割にまで乗客数が落ち込みます。こうして1967(昭和42)年には、中国地方で2番目の電車が姿を消してしまいました。