ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車情報

下関で切望され開業した山陽電気軌道



名勝・壇ノ浦を望んで走る山陽電気軌道は、本州最西端にある下関の特徴である「貿易の要衝」という土地柄に多大な影響を受けながら拡大を続けていました。しかし、最後は自社のバスに経営を圧迫される形で姿を消していきました。

山陽電気軌道の黎明期

山陽電気軌道の黎明期

源平の「壇ノ浦の戦い」で有名な下関の町を走っていたのが山陽電気軌道です。交通や貿易の要衝として知られた下関でしたが、官鉄山陽本線しか運行されておらず、鉄道の発展はやや遅れていました。そこで下関近郊・長府駅から下関市街地を越え、さらに関門海峡に近い彦島福浦町を結ぶ路面電車の敷設が計画されます。

そしてようやく昭和への改元が翌日に迫った1926(大正15)年12月25日、第1期線である松原~壇ノ浦間が開業しました。さらに山陽電気軌道は第2線の松原~鳥居前間を1928(昭和3)年に、次いで1932(昭和7)年には第3線の長府駅~鳥居前間、壇ノ浦~唐戸間を相次いで開業させ、壇ノ浦を右手に眺める長大な長関線の基礎を築きました。

長州鉄道の合併と直通電車の運行

山陽電気軌道と並んで下関に存在していた長州鉄道は、山陽電気軌道よりも先に開業したものの、経営状況は良くありませんでした。そうした中、官鉄が日本海沿いに山陰本線を建設し、京都~出雲今市を開通させていました。そのため、下関側からの建設を進めることで全通させようとしていた官鉄に、長州鉄道の幡生(はたぶ)~小串間を買収されてしまいます。

残された幡生~東下関間は山陽電気軌道が譲り受け、路線は山陽電気軌道幡生線となりました。合わせて幡生線に連絡する唐戸線を建設し、長府~唐戸~東駅~幡生という路線が誕生しました。さらに紆余曲折を経て、念願だった唐戸~下関駅も1938(昭和13)年に開業したのち、かなりの時間を経た戦後の1954(昭和29)年になって、ようやく下関駅~彦島口間を大和町線として開業しました。ここに山陽電気軌道の路線網がようやく完成したのでした。

自社のバスに客を奪われる皮肉な形での廃止

1944(昭和19)年に年間およそ1,381万人に上った乗客数は、戦後間もない時期に一旦落ち込んでしまいます。しかし、1954(昭和29)年には、年間およそ2,069万人と順調な推移を見せていました。

状況が一変したのは、昭和30年代に入ってからのことでした。乗客数でバスに抜かれると、モータリゼーションの進展が追い打ちをかけ、乗客数は減少に転じます。1967(昭和42)年に大和町線の本数が削減されると、1969(昭和44)年には長関線の唐戸~長府駅前間と大和町線の下関駅~彦島口間が廃止されます。残された区間もしばらくは存続されますが、最終的には1971(昭和46)年に廃止されました。