ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト路面電車[市電・都電]リサーチ

路面電車情報

西日本鉄道北九州線



北九州の交通会社を統合すると、北九州市内に一大交通ネットワークを築き上げ、日本で初となる3連接車の導入を通じて八幡製鉄所の大量輸送ニーズにも応えてきた、西日本鉄道北九州線の軌跡を振り返ります。

西日本鉄道北九州線の黎明期

西日本鉄道北九州線の黎明期

1911(明治44)年に、東本町二丁目~大蔵間を開業したのは、前身の九州電気軌道でした。そこから一気に開通ラッシュの波が押し寄せ、大蔵川~黒崎駅前間、門司東本町二丁目~東本町三丁目が開通し、翌年には小倉~戸畑間へと延伸すると、1914(大正3)年には黒崎駅前~折尾間の開業にこぎつけました。

その後も少しずつ延伸が繰り返され、1929(昭和4)年にはようやく全線が開通となりました。開業から約20年後のことで、その後、戦時統制によって交通会社の統合が各地で進んでいきます。

九州電気軌道はまず1942(昭和17)年に、小倉電気軌道を合併して九州鉄道と改称し、合わせて博多湾鉄道汽船、福博電車、筑前参宮鉄道とも合併します。こうして西日本鉄道が誕生し、九州電気軌道の路線は西日本鉄道北九州線となりました。

日本で初の3連接車など大型輸送車が大量に運行

製鉄所のあった八幡が大規模な空襲を受けるなど戦災の被害は大きく、終戦後すぐに車両の緊急整備と施設の復旧が進められました。1949(昭和24)年にはボギー車が大量に投入され、1950年代には、日本初の3連接車をはじめ大型連接車が投入されていきます。これは戦後の高度経済成長期にあって、沿線の八幡製鉄所からの大量輸送ニーズに応えたものでした。そして1956(昭和31)年には、西日本鉄道社長が代表者となっていた筑豊電気鉄道が開業し、北九州線への乗り入れが開始されます。同年に貞元~中間を開通させると、1958(昭和33)年には中間~木屋瀬間と木屋瀬~直方間を相次いで開通させます。

合理化を進めるも効果が出ず廃線へ

一方、北九州線は1961(昭和36)年に乗客数のピークを迎えると、自動車の普及により運行がままならない状況が続きます。1970年(昭和45年)になると、北九州線はワンマンカーの導入に踏み切って合理化を進めますが、状況は好転しませんでした。

その後は1980(昭和55)年に北方線(魚町~北方間)が廃止され、次いで1985(昭和60)年には戸畑線(大門~戸畑間)、枝光線(中央町~幸町間)とさらに北九州本線の一部区間が廃止されてしまいます。ついに2000(平成12)年に全線が廃止され、89年にも及ぶ実に長い北九州線の歴史に幕が下ろされました。