ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車情報

貨物専業の市電だった北九州市交通局



北九州交通局は、軍事特需と戦後の経済成長を支えた石炭輸送に活躍しましたが、エネルギー転換の影響で廃線へと追い込まれます。数ある路面電車の中でもユニークだった、この貨物専用市電の軌跡を紹介します。

北九州市交通局の黎明期

北九州市交通局の黎明期

北九州を代表する工業港であった若松港への引き込み線を引くことを目的に、市電を敷設することが持ち上がったのは1930(昭和5)年のことでした。若松港は1904(明治37)年に特別輸出港の指定を受けて以来、石炭を中心に輸出入量を伸ばしてきました。しかし、工業地帯が外港寄りにあったのに対し、鉄道などの輸送手段は内港寄りとなっていました。このままでは工業地帯化の計画に支障が出ると考えた当時の若松市が、筑豊本線若松駅から中川通りを通ってきた海岸へと引き込み線を引くことにしたのでした。中川通り周辺の住民からの反対などもあり、計画から5年経った1935(昭和10)年にようやく工事が始まり、翌年若松駅~市電北港間と、中川通7丁目~市電浜町間が開業し、ここに日本で唯一の人が乗らない貨物専用の市電「若松市営軌道」が誕生しました。

市電開通に伴い、港への引き込み線は急激に拡大

貨物市電が開通すると、それまでは輸送手段に馬車や船を使っていた港近くの工場も、軒並み市営軌道に転換しました。また、日中戦争による軍事特需で石炭産業が国策上で重要とされたことにより輸送量は飛躍的に増加し、当初の予想を上回る活況を呈するようになります。港への引き込み線はこのあとも続々と開通し、1939(昭和14)年には連歌浜への支線も開業するなど、市営軌道が若松の工業を支える中心的な存在になっていきました。

また戦後も石炭輸送に奔走すると、1958(昭和33)年には連歌浜~安瀬間を開業するなど、さらに引き込み線を拡大していきます。そして1963(昭和38)年に若松市が門司市、八幡市、小倉市、戸畑市と合併し北九州市となった際には、さらに拡大する方向で計画が進められていました。

エネルギー革命による輸送量減が経営を圧迫し、やがて廃線へ

ところが、エネルギーの主役は次第に石炭から石油へと移り、市営軌道にとっての収入源であった石炭の輸送量は激減します。次第に赤字経営と転落していった市営軌道は民間への委託を模索し、1968(昭和43)年からは日本通運に業務委託されることが決定しました。しかし、中川通りの交通量増大やトラックとの事故などが相次ぎ、経営は再び市に戻されます。そして市は1974(昭和49)年に廃止を決定し、翌年の10月に最後の電車が運行して、貨物専用市電の歴史に幕を閉じました。貨物専業だったため特別な式典などが行なわれることはなく、さよなら電車が運行しただけの、とても静かな幕切れとなりました。