ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車情報

西日本鉄道福岡市内線



北九州一帯の交通網の統合や戦中戦後の混乱を生き延びるも、バスや自動車、そして地下鉄に道を譲る形で廃止へと追い込まれていった、西日本鉄道福岡市内線の足跡を辿ります。

西日本鉄道福岡市内線の黎明期

西日本鉄道福岡市内線の黎明期

1934(昭和9)年に、福博電気軌道系の東邦電力と博多電気軌道の合併によって誕生したのが福博電車でした。当時の昭和不況や日中戦争拡大という世相の影響を受け、戦時体制の強化が進められます。この中で交通統合が図られ、九州電気軌道が配電部門を九州水力電気に出資し、軌道部門のみになると東邦電力も福博電車の株を九州電気軌道に譲渡し、配電事業の一元化を進めるようになります。さらに九州鉄道も九州電気軌道に株式を譲渡すると、この3社に博多湾鉄道汽船と筑前参宮鉄道を加えた5社で西日本鉄道が誕生し、1942(昭和17)年には正式に新体制でスタートしました。福博電車はこの時点で西日本鉄道福岡市内線となりました。

戦中から戦後にかけて続く苦境を克服

戦時中、電力の節約が叫ばれ、西日本鉄道福岡市内線では停留所の数を104ヵ所から59ヵ所に減らしたり、急行電車を走らせたりするなどの節約策を講じました。また男子社員が戦争へと招集されたことによる人材不足のため、女子運転士が登場するなど、苦境が続きます。

さらに1945(昭和20)年には、大規模な空襲により本社が焼失し、福岡市内線は全線不通となりました。戦後は大型ボギー車の導入などで輸送力を拡大して対応にあたり、比較的早期に復旧すると、1948(昭和23)年の博多どんたくで3両の花電車が運行され、多くの福岡市民に復興を強く印象付けることとなりました。

クルマ社会の到来で追い込まれ廃止へ

着々と戦後整理と復興が完了していく中で、軌道部門にとって新たな苦境が訪れます。当時、バスの台頭によって乗客を奪われていることが、大きな問題となっていました。昭和30年代に入るとその傾向はますます顕著になります。自家用車の増加は乗客数の減少とともに、自動車の渋滞がスムーズな運行に影響を及ぼすようになりました。大牟田線の廃止や車両の振替などで輸送力の強化を図りますが、モータリゼーションの勢いはそれをはるかに上回るスピードで進展していきます。

そして、昭和40年代にはワンマン運転や操車場の自動化などの合理化が進められますが、改善は見られず、1971(昭和46)年にバスでの代替が可能な路線から廃止する方針が決定されます。西鉄と福岡市の協議の末、地下鉄工事の進展に合わせて順次廃止が進められ、1979(昭和54)年には循環線と貝塚線の廃止をもって、福岡市内線全線が廃止となりました。