ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト路面電車[市電・都電]リサーチ

路面電車情報

花巻電気鉄道



岩手の各温泉を結んだ「温泉電車」として知られる花巻電鉄は、その特徴的な前面の姿から「馬面電車」の愛称で親しまれていました。宮沢賢治や高村光太郎も利用した花巻電鉄の足跡を振り返ります。

花巻電気鉄道の黎明期

花巻電気鉄道の黎明期

1915(大正4)年に花巻鉄道の前身である花巻電気が、花巻川口町(のちの西公園)~湯口村(のちの松原)間を開通し、その歴史をスタートさせました。当初の軌間は「ナローゲージ」と呼ばれた762mmのものでした。花巻電気はその後一気に路線の拡大を続け、1918年(大正7年)には西公園~花巻(のちの花巻中央)間を開通させると、岩手軽便鉄道との接続を開始します。続いて岩花線の開通、温泉軌道という会社を設立し、別の馬車鉄道を吸収し、西鉛温泉までの延伸が行なわれるようになります。

やがて花巻電気は盛岡電気工業に先の温泉軌道をあわせて吸収合併されます。1925(大正14)年には大沢温泉~西鉛温泉間が開通し、これで「鉛線」が全通し「軌道線」と呼ばれるようになりました。また、その後開通する鉄道路線からなる「花巻温泉線(西花巻~花巻温泉間)」は「鉄道線」と呼ばれ区別されました。

「温泉電車」花巻温泉鉄道の誕生

盛岡電気工業は1926(大正15)年に花巻温泉電気鉄道という別会社を設立すると、軌道線である鉛線及び、鉄道線である花巻温泉線における運輸事業のすべてを譲渡します。周辺地域は旅館の数も増えて、当時はかなりの賑わいを見せていました。その後、昭和不況の影響で業績悪化や車庫の火災で損失を被るものの、戦争による軍需などによって再び盛り返します。

1941(昭和16)年には花巻電気鉄道と改称すると、花巻温泉を吸収合併し、温泉経営にも乗り出すことになりました。戦争の被害のなかった花巻電鉄は、1947(昭和22)年に社名を再び変更し花巻温泉鉄道とすると、施設や設備の改良やボギー車の導入など改革を進めていきます。その頃には温泉客も再び増え始め、利用客数も大幅に増加していきますが、そのさなかに鉄道部門と温泉部門の分離が行なわれ、花巻電気鉄道として再スタートを切りました。

バス会社への経営譲渡によりわずかに残った軌道線も廃線へ

単独の鉄道会社として、新たな出発をした花巻鉄道を待っていたのは、モータリゼーション時代の到来でした。経済成長とともに道路整備が進められ、同時に人口流出が始まると、花巻電鉄の業績は徐々に悪化します。

昭和40年代に入ってまず岩花線の西花巻~中央花巻間が廃止に追い込まれ、次いで鉛線全線と花巻温泉線の花巻~西花巻間が相次いで廃止されます。かろうじて残ったのは花巻駅~花巻温泉間でしたが、企業そのものの存続が危ぶまれた花巻電鉄は1971(昭和46)年をもって、軌道線とバス路線を岩手中央バスに委ねます。その後は軌道線をバスに転換することが打ち出され、地元住民の反対もむなしく、昭和1972(昭和47)年には花巻電鉄の57年間の歴史に終止符が打たれることとなりました。