ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト路面電車[市電・都電]リサーチ

路面電車情報

仙南交通秋保電鉄線



仙南交通秋保電鉄は、大正時代から昭和時代にかけて、宮城県仙台市長町と秋保温泉を結ぶ鉄道として、観光客や地元の人々から親しまれていました。しかし、事業拡大や資本増強が経営を圧迫し、昭和36年には閉業してしまいます。ここでは、そうした仙南交通秋保電鉄の歴史を振り返ります。

馬車鉄道から始まった黎明期

馬車鉄道から始まった黎明期

奥州三名湯のひとつとして名高い秋保温泉は、秋保石と呼ばれる石材の産地としても有名な仙台市太白区秋保町に位置しています。仙南交通秋保電鉄線の前身である秋保石材軌道は、この温泉に湯治客を誘致することと、石材を運搬することを主な目的として、1914(大正3)年に長町~湯元(のちの秋保温泉)間で運行を開始しましたが、この当時の動力は馬でした。

この馬車鉄道開業によって、秋保温泉の湯治客は急増しました。1876(明治9)年にはわずか1,800人だったのに対し、開業後の1919(大正8)年には5,000人を突破し、さらにわずか2年後に早くも2万人以上になり、1924(大正13)年にはついに5万人を超えました。

電化と沿線開発による旅客者数の急増

1917年には線路を大改修して電化を決定します。1921(大正10)年には、名取川水力電気との間で電力供給契約を締結し、翌年に秋保敷材電気軌道と改称しました。さらに1925(大正14)年には秋保電気軌道と改称し、このとき軌間1,067mmに変更されました。これによって旅客輸送は急増し、開通直後の7月から12月までのわずか半年間で9万人以上まで達します。

また、翌年に沿線の曽根沢に遊覧屋形船やボート、テニスコート、弓場、動物園、旅館などの設備を整えた旗立遊園地が開設されたこともあり、客足はさらに伸びました。

仙南交通との合併から廃線まで

こうした活況が背景にあり、1937(昭和12)年には地方鉄道補助法改正を機に、鉄道への昇格を出願します。1944年にはそれが実現され、社名を秋保電気鉄道と改めました。戦後も観光開発や宅地開発などにより、事業拡大と資本増強が相次ぎ、経営の多角化も図られます。ところが事業を拡大したことが逆に経営を圧迫し、累積赤字の増大を引き起こします。

この対応策として仙台駅への乗り入れや仙台市への売却も検討されましが、最終的には仙南交通との合併に至ります。これは、1954(昭和29)年のことでした。ここで新体制での運行が始まったものの、モータリゼーションの進展もあり、鉄道部門の経営は悪化の一途を辿ってしまいます。そして1960(昭和35)年には、廃止が正式決定されました。翌年の1951(昭和26)年5月8日には、盛大なる閉業式が開催され、35年にわたった電車の歴史に幕が下りることになったのでした。