ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車情報

東武電鉄伊香保軌道線



渋川の町と利根川を眼下に、遠くは赤木連山を望む伊香保軌道線は、関東有数の温泉地・伊香保温泉への誘客を目的に、地元の有志の力で開通されました。そこから東武鉄道との合併、さらには廃線へと至る歴史を辿ります。

温泉地への誘客を目指して作られた黎明期

温泉地への誘客を目指して作られた黎明期

榛名山の北東麓にあり、関東地方でも名だたる温泉郷として知られる伊香保温泉でしたが、交通の不便さが原因となり、冬場は旅館が休業せざるを得ない状況がありました。これを受けて1908(明治41)年に、伊香保で最大の旅館を営む小暮武太夫氏を社長に迎え、伊香保電気軌道が設立され、鉄道建設が始まります。伊香保街道沿いに500mの高度差を克服するために87ヵ所ものカーブを設けました。しかし、それでも66パーミル区間を避けることができず、悪条件の中での工事となりました。

その後1911(明治44)年には高崎水力電気と合併し、伊香保電気軌道としての営業はわずか3年という短命で幕を閉じました。

東武鉄道との合併による再スタート

1927(昭和2)年には、東武鉄道が伊香保線(旧伊香保電気軌道)、同じく旧高崎水力電気の流れを汲む高崎線、旧利根発電(旧前橋電気軌道)の流れを汲む前橋線の3つの軌道線を受け継ぎます。これにより、東部鉄道伊香保軌道線としてのスタートを切ることとなりました。当時は昭和の恐慌真っただ中で、しかも東武鉄道は日光線の建設を進めていたため、資金の多くを日光線に回すことが決められていました。また、乗合自動車の普及により乗客は減少し、収益悪化につながっていきました。運賃の値下げや本数の増発など対応策を打ち出しますが、業績が上向くことはなく、東武鉄道は1935(昭和10)年に伊香保軌道線の廃止を決定します。ところが戦時に入って、燃料不足による乗合自動車の急減により、再び軌道線は輸送の一役を担うことになるのでした。

路線バスとの競合により廃止へ

戦後、1948(昭和23)年頃から東武鉄道では、戦争で荒廃した施設や車両の整備を進め、輸送力回復に努めます。1949(昭和24)年には、戦時中を上回る輸送力を確保するまでになりました。しかし、スピードと輸送力でバスに劣る軌道線は、次第に競争力を失い、バス輸送に乗客を奪われていきます。

ここから東武鉄道は伊香保軌道線の段階的な廃止を決定し、これに対し一部沿線住民から反対の声が上がります。存続運動まで展開される事態になってしまいますが、体制が変わることはありませんでした。そして、1956(昭和31)年12月28日の運行を最後に、廃止となってしまいました。