ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車情報

箱根登山鉄道小田原市内線



箱根湯本の湯治客の輸送を担ってきた小田原電気鉄道は、やがて箱根登山鉄道の一路線となり、時代の変化と共にその姿を消します。県内で2番目、日本でも4番目の電気鉄道として誕生した箱根電鉄小田原市内線の歴史を振り返ります。

小田原電気鉄道としての黎明期

小田原電気鉄道としての黎明期

箱根電鉄小田原市内線は1888(明治21)年、小田原馬車鉄道が箱根湯本への湯治客を運ぶことを目的に、国津府~湯本間を開通したことに始まります。東京・上野で開催された第三回内国勧業博覧会に出展されていた路面電車を体験していた経営者は、当時すでに電車の導入を検討していました。

開業から8年後の1897(明治30)年10月に社名を小田原電気鉄道と改めると、その後の1900(明治33)年に県内で2番目、日本でも4番目の電気鉄道としての開業を迎えました。

箱根登山鉄道への合併と「町内電車」としての再出発

1920(大正9)年には、鉄道院から鉄道省に変わった直後、国府津~小田原間の熱海線が開業しました。その際に同区間の路線を廃止し、代わりに小田原緑町~小田原駅前間を開通させました。また1923(大正12)年に発生した関東大震災によって、大きな被害を受け、これを機に軌間を1435mmに改軌するなど、路線や設備を改めていきます。

昭和に入ってすぐに小田原電気鉄道は日本電力と合併し、直後に箱根登山鉄道に譲渡されます。この頃、箱根登山鉄道は小田原電気鉄道と連絡して、箱根湯本を起点として強羅へと路線を拡大し、さらに1930(昭和5)年には、小田原への乗り入れも実現され、そのため軌道線は、大幅な縮小を余儀なくされていきます。箱根登山鉄道と連絡する箱根板橋~箱根湯本間が同年に廃止され、残るは小田原町内を結ぶ2.4kmとなりました。このように旧小田原電気鉄道の路線は、小田原の町内電車として再出発することになったのでした。

小田急乗り入れと道路計画の拡張のため廃止へ

新たなスタートに際して、前進だけでなく後退もできる車輛が投入されるようになり、古い車輛は淘汰されていきました。その後は町内電車として沿線の住民に親しまれ、昭和初期から戦中戦後を通じて活躍し続けることになりました。

戦後の1950(昭和25)年には、鉄道線の小田原~箱根湯本間が小田急乗り入れに伴って、1500Vに昇圧されることによって、軌道線への給電が不便になりました。さらに道路拡幅との関係から、昭和30年代に入ったあたりで、すでに廃止が決められていました。日本で4番目に導入された歴史を持ち、住民の足として親しまれた軌道線が市民の前から姿を消したのは、1956(昭和31)年5月31日のことでした。