ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車情報

松本電気鉄道浅間線



善光寺への客で賑わった開業時、不況の影響を受けた苦境、戦時のガソリン不足による電車の復権、そして戦後のモータリゼーションによる廃線など、時代の波に翻弄され続けた松本電気鉄道浅間線の歴史を振り返ります。

松本電気鉄道の黎明期

松本電気鉄道の黎明期

古くから胃腸の病気や皮膚病などに効果があるとして有名だった浅間温泉は、アルカリ性の単純泉です。1910(明治43)年に軽便鉄道法が施行されて以来、松本と浅間温泉の間に鉄道線や軌道線を敷設する話は何度も出されていました。しかし、発起人の資金力や道路交通の妨げになるなどの理由から、幾度となく却下されてきました。

1920(大正9)年10月には、松本~竜島間の鉄道免許を申請していた筑摩鉄道が、これとは別に松本~浅間温泉間の軌道免許を申請したところ、これが認められます。そして同年、筑摩電気鉄道と改称すると、1924(大正13)年に松本駅前を起点に開業しました。

存続の理由はガソリン不足と軍施設への運行

開業した年はちょうど善光寺の御開帳と重なったため、東京や関西からの旅行客で賑わいました。1932(昭和7)年には、松本駅前停留所を駅前広場に移設し、他線からの乗り換えが便利になりました。また同年12月に、社名を松本電気鉄道に変更しています。しかし、昭和恐慌による不景気とバス路線の発達によって、乗客数は減少し「しじゅうから(始終空)」などと揶揄される程になってしまいます。

苦境に追い込まれた松本電気鉄道が、息を吹き返したきっかけは戦争でした。ガソリン確保が困難となったことから、1940(昭和15)年頃から徐々に利用者が増え始めます。また、不要不急の路線が撤去される中、この路線は陸軍歩兵第五十連隊(松本連隊)が存在していたため存続されました。戦時中、「連帯前停留場」は防諜上の理由から「三軒家」へ、「浅間温泉」は遊び気分を連想させ好ましくないことから、「浅間」へと改称させられています。

松本市長による撤去要請、そして廃線へ

松本電気鉄道は専用軌道を走行し、路線の中で道路上を走行するのは、わずか1.6kmしかありませんでした。しかし、戦後は自動車の普及とともに、邪魔者扱いをされるようになります。

1955(昭和30)年には、松本市長から松本電気鉄道社長に宛てて、松本駅前広場の軌道撤去の要請願が出され、最終的には9年後の1964(昭和39)年3月31日付で、全線が廃止されました。その翌日の4月1日には、招待客だけを乗せて飾り付けを施された「さよなら電車」が運行されました。