ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車情報

東武鉄道日光軌道線



東武鉄道日光軌道線は、観光地として古くから知られている日光への欠かせない交通手段として活躍し、当時日本で最も高い場所を走る鉄道としても知られていました。この路線の設立から廃線に至るまでの経緯について振り返ります。

東武鉄道日光軌道線の黎明期

東武鉄道日光軌道線の黎明期

徳川家康の廟所(みたまや)のある町として有名な日光に、鉄道が初めて通ったのは1890年(明治23年)のことでした。日本で最初の私鉄である日本鉄道が、上野から青森へと路線を伸ばしていく過程で、宇都宮から日光へ支線を開通させます。古い時代に開かれていた二荒山神社中禅寺湖などへの観光客及び登山客の輸送が目的でした。

こうした中、1908(明治41)年に日光町(現・日光市)と古河合名(のちの古河鉱業)の共同出資で日光電気軌道が設立され、2年後には日光停車場~岩ノ鼻間が開通しました。日光電気軌道の馬返は標高838mで、日本一高い場所を走る路面電車であり、日光停車場からの標高差300m以上、最大勾配が60パーミルにも及んでいました。

東武鉄道との合併、そして日光軌道線へ

昭和に入って東武鉄道が浅草から乗り入れるようになり、1929(昭和4)年には、伊勢崎線の杉戸(現・東武動物公園)から分岐する形で建設が進められた路線が、下今市から延伸したことで東武日光線が全通しました。

そしてこのとき、同時に日光電気軌道を傘下に収めます。これで東武電鉄系列に組み込まれはしたものの、日光電気軌道は独立した会社として運行を続けます。この間に日光自動車と合併を行ない、日光自動車電車と改称し、さらに戦時中に日光軌道と社名を再び改めました。

そして、戦後を迎えた1947(昭和22)年に、東武鉄道は日光電気軌道を吸収合併し、東武鉄道日光軌道線となりました。

モータリゼーションによる乗客減少と廃線

戦後は合併の効果もあり、利用者数が増大します。1927(昭和2)年に363万人だった利用者が、1949(昭和24)年には405万人、1954(昭和29)年には551万人にまで達しました。

同時に合理化も進められ、停留場の削減をはじめ、定員96名のボギー車の導入などといった輸送力の拡大にも貢献しました。しかし、昭和30年代に入って経営に翳りが見え始め、1961(昭和36)年の514万人をピークに、乗客数は減少の一途を辿ってしまいます。

バスによる観光地巡りが一般化した他、第一・第二いろは坂が立て続けに開通し、さらには古川電工の貨物輸送がトラックに切り替わったことも、日光軌道線に大きな影響を与えました。

その後、累積赤字が続くようになり、1968(昭和43)年2月には、運行が打ち切られてしまいます。最後の2日間は「さよなら電車」に乗ろうと多くのファンが列をなし、最後の花道となりました。