ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車情報

三重交通神都線



三重交通神都線は伊勢神宮への参詣客をはじめ、二見浦など伊勢周辺の観光輸送の要として活躍し、「参宮電車」の愛称でも親しまれてきました。その古い歴史と、ユニークな運行形態について紹介します。

三重交通神都線の黎明期

三重交通神都線の黎明期

三重交通は、第二次世界大戦中の企業統合で、県内の複数の交通会社が合併してできた会社です。そのうち、最も古くから存在していたのが宮川電気でした。設立は1896(明治29)年であり、1903(明治36)年には本町~二見町間の運行を開始しています。本町~伊勢神宮外宮を通り、古市口で左折すると参宮鉄道線を交差し、二軒茶屋から夫婦岩で有名な二見へと至る路線です。開業は日本で4番目と古く、伊勢神宮の参詣者で賑わい、1904(明治37)年には社名を伊勢電気鉄道と改称を行ない、本町~本町山田駅へと延伸して参宮鉄道と接続しました。

全国的にも珍しい右側通行の路面電車

1906(明治39)年には、二軒茶屋から分岐して中山へと至る路線と古市~浦田町間(のちの内宮線)を開通します。さらに1909(明治42)年には、既存のルートとは別に本町から御幸町を通って古市口へ抜けるルートが開通しました。

山田駅前を出た電車は、外宮に近い方の路線を通って内宮に向かい、内宮から二見へ向かうときは、途中の中山から二軒茶屋に抜けます。そのため、古市から浦田町までは複線となりましたが、外宮前~古市口間も変則的な複線とも言え、「まず外宮に参詣したあとで内宮へ向かう」という参詣の流れに合わせて、複線区間を右側通行としました。これは全国的にも珍しいユニークな運行形態です。また、この伊勢電気軌道は皇族にも利用されたため、特別車両も用意されていました。

合併や譲渡による混乱の末、乗客減により廃止

伊勢神宮への参詣客や二見浦への観光客の輸送に活躍した伊勢電気軌道は、1918(大正7)年に参宮自動車を合併するも、1922(大正11)年には親会社の三重合同電気に吸収され、運輸課によって運営が行なわれるようになります。

これを皮切りに運営主体が次々と変わっていきます。1925(大正14)年に開通した内宮線・楠部を起点に、朝熊山へと向かうケーブルカー・朝熊山登山鉄道と、その3年後に三重合同会社と合併します。

それから2年後の1930(昭和5)年には、社名を合同電気に変更しました。自動車部門を神都乗合自動車として切り離すと、1937(昭和12)年には東邦電力に合併されてしまいます。そして今度は東邦電力が神都乗合自動車に鉄道・軌道部門を譲渡し、ついに1939(昭和14)年には神都交通が発足します。

こうした混乱の中、参詣客の減少や戦時による企業合併などにより、7社の合併が国策として行なわれます。軌道線は三重交通神都線として再出発するも、利用者が増えることはなく、神都線は1961(昭和36)年1月に、その姿を消すこととなりました。