ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車情報

急場しのぎとして活用された親子電車



単車でもなく連接車でもない、一時的に都市部で運用されたユニークな運行形態「親子電車」について紹介します。

戦中・戦後を中心に都市部の輸送力拡大策として導入

戦中・戦後を中心に都市部の輸送力拡大策として導入

輸送力を一時的に増強するために、牽引する電動車に付随車を連接させたものを指します。特に戦時や戦後における急激な輸送量の拡大に対応するため、休止車両などを使って運行されていましたが、中にはラッシュアワー対策として専用車が新製されることもありました。

名古屋市電での導入事例

名古屋市電は第二次大戦時、軍需工場への工員輸送に追われていました。また、徴兵による整備士不足も重なって、故障が頻発するなどの課題を抱えていました。そこで、苦肉の策として導入されたのが「親子電車」でした。名古屋では日本の市電では初めて投入されていた連接車2600形がすでに活躍していました。しかし、単車の老朽化が激しかったことから、使用可能な単車を付随車としてボギー車に牽引させる形での「親子電車」を利用することで、急増する輸送量に対応していました。

京都市電での導入事例

京都でも同じく第二次世界大戦における輸送強化への対応策として、モーター故障で休止している4輪単車の車両を600形が牽引するという形での「親子電車」導入が検討されます。しかし、この申請は受理されず、実際に親子電車が運行を開始したのは1947(昭和22)年で、戦後に入ってからのことでした。運行区間は「烏丸車庫前~(烏丸通)~京都駅前」、「烏丸車庫前~(烏丸通)~烏丸今出川~(今出川通)~河原町今出川~(河原町通)~京都駅前」、「烏丸車庫前~(北大路通)~千本北大路~(千本通)~四条大宮~(大宮通)~九条大宮」、「四条通~東山通~今出川通~千本通(循環)」の5区間でした。

東京都電での導入事例

第二次世界大戦中の輸送力不足を補う目的で、戦時のガソリン不足から運行規制されて使わなくなっていたバスを改造し、付随車として牽引させる形での運行となりました。

札幌市電での導入事例

一方、札幌では他の地域とは異なり、戦時輸送の増強ではなく、ラッシュアワー時における輸送力拡大策として導入されていました。車種はM100形で日本車輛が製造しました。1961(昭和36)年に導入され、「親子電車」としては日本で唯一となる専用のトレーラーを新製して連結していました。また、閑散時にはこの車両単独でも運行できるよう、両端に運転台が設けられるなど、設計に工夫が施されていました。