ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車情報

次世代型路面電車LRTの特徴とは



海外におけるLRT(ライトレール)と日本でのLRTという呼称が持つイメージでは、少し異なる部分もあります。ここでは、日本国内においてLRTとなるために必要な基準を説明しながら、LRTの特徴を紹介します。

LRTとなるために必要な基準

LRTとなるために必要な基準

富山ライトレールはもちろんのこと、すでにLRTとしての基準を満たしているケースも少なからずあります。具体例を挙げながら、LRT独自の特徴を詳しく紹介します。

最高速度時速40km超での運転

軌道運転規則第53条により最高速度は時速40kmと規定されている他、合わせて道路交通法第22条に定める最高速度制限も受けます。しかし新設軌道で自動閉塞方式の区間においては、旧鉄道運転規則を準用して、それ以上の高速運行が許可されています。例えば、阪堺電軌では時速50km、京阪電鉄大津線では最大時速75kmとされています。

専用走行路の確保

運行速度を高めるためには、併用軌道であっても、自動車交通から分離した軌道専用の走行路を確保することが必要です。例えば東京都電の場合を見ると、宮ノ前付近の線路移設によって、道路中央部に軌道敷を確保する「センターリザベーション」化を行なっています。30m超車両の運行軌道運転規則第46条により、道路車両の長さは30m以内とすることが決められています。しかし、一部例外での取扱許可を受けて運行されているものもあり、京阪電鉄京津線では編成長66m、福井鉄道では36mの列車が運行しています。

軌道の改良

広島や熊本、福井や富山ライトレールなどで、樹脂でレールを固定し、防音・防振を図る樹脂固定軌道や、都市景観に配慮した芝生軌道の採用などが導入されています。

電車優先信号の設置

電車の位置を検知したり、車上から発する信号で交通信号を制御したりするなど、電車の運行にあわせて交通信号を変えるシステムです。日本国内では京阪電鉄京津線で浜大津駅を出発した電車が、ノンストップで上栄町まで運行できるよう制御されており、2013年現在、日本で最も進んだ電車優先信号となっています。

案内システムの整備

3つ前の停留場からの接近情報や、行き先を伝える電車接近表示器などが、東京都電や鹿児島市電などで使われています。

運賃収受・運賃制度の変更

乗降時間短縮のために信用乗車方式(無改札方式)の導入や、他の交通機関への乗り換えがあっても運賃が増加しないゾーン制運賃制度など、柔軟な運賃制度が必要です。富山ライトレールはじめICカードの導入などにより、信用乗車方式を視野に入れた動きも見られます。

トランジットモールの導入

人と公共交通だけが通行できる空間のことで、海外では特にショッピングモールなどでの導入が進んでいます。日本では福井や岐阜で実験が行なわれていますが、道路交通法の位置付けがないことなどを理由に、まだ本格的な実施はされていません。

パーク&ライド、バス&ライドの導入

市街地周辺に設けられた駐車場に自動車を置き、都心部へは鉄道で移動する「パーク&ライド」は土佐電鉄や福井鉄道、京阪電鉄などで導入されています。一方、「バス&ライド」は長崎、鹿児島、富山ライトレールが実施しています。

都市のシンボル化

豊橋市が市職員の名刺に路面電車のイラストをあしらうなど、都市のランドマークや都市づくりのシンボルとして位置付けられ、新しい都市計画の顔となるようなデザインや取り組みが行なわれています。