ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
路面電車[市電・都電]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

路面電車[市電・都電]用語集(ま行)



駅などの施設情報を検索できる「ユキサキナビ」が、路面電車[市電・都電]に関する用語(ま行)をご紹介します。市電・都電のことや、聞きなれない仕組みまで、路面電車[市電・都電]のことがよくわかる用語集をご活用下さい!

マキシマムトラクション台車

マキシマムトラクション台車とは、路面電車などの車両構造のうち、下部にある「台車」と言う部分の種類を表す用語。台車にはモータで駆動される動力車輪と、そうではない付随車輪があるが、このうちの付随車輪の方を小型軽量化した物がマキシマムトラクション台車である。モータの出力を大きくできる比較的大型のモータを搭載するために、動力車輪の直径を長くすることが考案されたと言われる。この台車を採用すると、車両を側面から見たとき大小の異なる大きさの2車輪が並んでいる車両ができ上がる。マキシマムトラクション台車は、かつてアメリカ合衆国で隆盛を誇った台車・車両メーカージョン・ジョージ・ブリル社が採用したことで広まっていった。

マスコットキャラクター

マスコットキャラクターとは、何らかのシンボルであり、より親しみを持ってもらうなどの目的で設定されるビジュアルアイコンのこと。路面電車における「マスコットキャラクター」は、鉄道にまつわる物と愛らしい動物や人を掛け合わせたようなオリジナルのデザインが多い。例えば、東京都「東京都電」荒川線の「とあらん」は、顔が車両になっている人型のマスコットキャラクター。長崎県の「長崎電気軌道」のマスコット「ながにゃん」は、猫の形をした妖精で、電車の形をしたマスクを被っている。こうしたマスコットキャラクターたちは、駅掲示のポスターや各種の冊子、チラシにプリントされていたり、イベント時には等身大の着ぐるみが登場したりすることもある。

無音電車規格統一研究会

無音電車規格統一研究会とは、昭和期に設置された路面電車の研究を目的とする組織。東京都と横浜市、名古屋市、京都市、大阪市、神戸市の6つの交通局が集まって結成された。この組織ができる背景には、第二次世界大戦ののち、航空機のエンジニアが鉄道車両の分野に進出して鉄道車両メーカーの技術が劇的に進歩したことがある。同会の成果は、統一仕様の技術規定の策定などであった。この規定は緩い内容であり、それぞれの交通局がメーカーと協力して新型電車を実用化していく流れを生む。「無音電車規格統一研究会」が策定した規定を最初に採用した車両は、かつてあった大阪府の路面電車「大阪市電」の「3000号」(発表当時は3001号)である。この電車はたいへん静かに走行し、乗り心地も良く、「無音電車」と呼ばれた。

メーターゲージ

メータゲージとは、長さが1,000mmのゲージのこと。ゲージは、路面電車など鉄道車両が通る左右のレールの間隔を指し、「軌間」とも言う。国際的な「標準軌」(standard gauge)は1,435mm(4フィート8.5インチ)なので、メータゲージはそれより狭い「狭軌」の一種である。メータゲージなどの「狭軌」は敷設コストが低いなどの経済的メリットがあるとされ、アジアやアフリカ、ラテンアメリカなど世界各地で建設された経緯がある。レールの移動も簡単なことから、鉱山鉄道などに採用されることもあった。しかし、標準軌より広い「広軌」に比べると安全性が低く、大型車両の走行に適しにくいなどの問題点が挙げられている。「狭軌」は「メータゲージ」の他に、762mm(2フィート6インチ)の「ニブロク」などがある。

木造車体

木造車体とは、主に木を素材として造られた電車の車体のこと。路面電車の黎明期にスタンダードとされた。19世紀までにヨーロッパやアメリカ合衆国の都市で交通手段として普及していた「馬車鉄道」でも車体は木製であり、その流れを受け継ぐ路面電車でも木造車体が使われた歴史がある。木造車体には軽いと言う特長があるが、鉄材を主な素材とする「鋼鉄製車体」が開発されると、取って替わられた。日本でも1895年(明治28年)に日本初の路面電車「京都電気鉄道伏見線」が運転開始してから路面電車の車両は木造が使われたが、昭和初期から徐々に鋼鉄製車体へと更新されて希少な存在になっている。木造車体の現役運行やイベントでの運行を見学に訪れるファンも存在する。

交通機関の豆知識【アクセスファン】
「アクセスファン」は、交通機関や交通施設に関する情報をお届けするブログです。
投稿ユーザ様募集
掲載施設様様募集

投稿ユーザーの方へ

投稿ユーザーに登録する

投稿ユーザーに登録される方は、
「投稿ユーザーに登録する」ボタンを
押して下さい。

ホームメイト・リサーチ公式アプリ ピカ写メのご紹介!
「ピカ写メ」アプリの機能をご紹介。ダウンロードはこちらから!
施設のお役立ち情報「生活施設辞典」
生活施設に関する、知っておくと便利な情報・役に立つ情報が満載!

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチは、
モバイルでもお楽しみ頂けます。

スマートフォンからも、サイトをご覧頂くことができます。

タブレットでもご覧頂けます。
施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ
ご紹介ページ

いつでもどこでも「施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ」サイトへ一発アクセス!
タブレットやスマートフォンから弊社サイトへすぐにアクセスできる便利なボタンを設定できます。