ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

路面電車[市電・都電]

路面電車[市電・都電]用語集

路面電車[市電・都電]用語集 路面電車[市電・都電]用語集

文字サイズ

  • 京都電気鉄道伏見線
    きょうとでんきてつどうふしみせん

    京都電気鉄道伏見線は、日本初の路面電車として知られる路線・沿線名。営業用の電車としても日本初である。1890年(明治23年)に東京で開催された「第3回内国勧業博覧会」で電車が話題を呼ぶなか、その5年後の1895年(明治28年)に運転を開始した。電力は琵琶湖疏水を使った水力発電を活用。開業当時の運転区間は七条停車場前から伏見町京橋下油掛通間である。そののち、1918年(大正7年)に京都市が京都電気鉄道を買い取り、「京都市電伏見線」となって運転区間が延長され、庶民の足として親しまれた。市内の自動車交通量が増加して乗客が減少したのを受け、1970年(昭和45年)に伏見線は全線廃止となっている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の路面電車[市電・都電]を検索できます。

イメージキャラクター

ページ
トップへ
ページトップへ戻る