ご希望の路面電車[市電・都電]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

路面電車[市電・都電]

路面電車[市電・都電]用語集

路面電車[市電・都電]用語集 路面電車[市電・都電]用語集

文字サイズ

  • 主幹制御器
    しゅかんせいぎょき

    主幹制御器とは、鉄道車両の動力のコントロール・管理を遠隔で操作するスイッチ装置のこと。英語では「マスターコントローラー」。運転台に設置されるのが一般的である。1897年(明治30年)に米国人フランク・ジュリアン・スプレイグがシカゴの高架鉄道に使う車両のために開発した。複数の車両がつながって運行する場合、その全車両あるいはいくつかの車両にモータが搭載されていて、従来は個別に操作する必要があった。しかし、主幹制御器が開発されたことで、この各モータに対して運転台にある主幹制御器から遠隔指示を出し、動作させることができるようになった。すなわち、ひとつの運転台で行なうスイッチ操作で、複数の車両の出力や速度の制御をすることが容易にできるようになったことを意味する。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の路面電車[市電・都電]を検索できます。

イメージキャラクター

ページ
トップへ
ページトップへ戻る